ローテーブル

リビングテーブルやセンターテーブル、コーヒーテーブルなど、いろんな呼び方で呼ばれる、背の低いおしゃれなローテーブルをいろいろ紹介します。

ローテーブル特集 ローテーブル特集

ローテーブルとは

ローテーブルとは、床から天板までの高さが低いテーブルのことです。 リビングでソファの前に置いて使ったり、和室に置くちゃぶ台などもローテーブルの一つです。 ローテーブルは、センターテーブルやコーヒーテーブル、リビングテーブルなどとも呼ばれ、どちらも背が低いテーブルのことを指しています。

サイズやデザイン、材質など種類も豊富なローテーブル。ポイントを押さえて、ちょっと差の付くオシャレなものを選んでみましょう。




ローテーブルのサイズの選び方

ローテーブルのサイズを選ぶ際「幅と奥行き」「高さ」を分けて考えることがポイントです。

リビングで使うローテーブルは、周りを人が通る場所に置くので、サイズを決める際、「幅と奥行き」に、人が通るために必要なスペースを足すようにしましょう。

また、使い方によって最適な「高さ」が決まります。どこでどんな風に使いたいかを考えて、ちょうどいい高さを選びましょう。


ローテーブルを置いたときの必要なスペース

ローテーブルを置いて、周りを人が通る際、必要なスペースは、

ソファまで…30cm以上
TVボードまで…60㎝以上


ローテーブルの幅と奥行きに、このスペースを足して考えれば、リビングに置いた際、快適に過ごせます。


ローテーブルの横幅はソファの座面を基準に選ぶ

どれくらいの幅がいいか悩んでしまった際、一緒に置くソファの座面を基準に考えましょう。

ソファの座面と同じ、もしくは、少し幅の小さいローテーブルを選ぶと、バランスよく見えるので、参考にしてください。


ローテーブルを大きさから選ぶ ローテーブルを大きさから選ぶ

自分の使い方に合わせた
大きさを探す

どこでも使えるコンパクトサイズのローテーブル。

→Sサイズはコチラ


2~3人掛け用のソファに合わせやすいベーシックサイズ。

→Mサイズはコチラ


食事も出来る大きなサイズのローテーブル。

→Lサイズはコチラ


ローテーブルの高さを決める

ローテーブルのちょうどいい高さは使い方によって違います。
座卓として使うか、椅子に座って使うかを考えて、高さを選びましょう。


ローテーブルの高さの決め方01床に座って使う32~40cm
高さが32~40㎝の床に座って使うローテーブル

畳の上や、床に座って座卓として使うのにちょうどいい高さは32~40cmです。

昔からのちゃぶ台のように、食事やお茶を楽しんだり、ご飯を食べるのに使いたい方には、この高さがオススメです。


ローテーブルの高さの決め方02ソファでお茶できる40~50cm
高さが40~50cmのソファでお茶ができるローテーブル

ソファの前に置いて、お茶をするのに使う際、ちょうどいい高さは40~55cmです。

ソファや椅子の座面までの高さは、40~45cmのものが多いので、座面より少し高めのものを選ぶと使いやすいです。

座卓としても、ソファの前でも、両方の使い方をしたい方は40cm前後の高さを選びましょう。


ローテーブルを天板の形で選ぶ ローテーブルを天板の形で選ぶ

いろいろあります
ローテーブルの天板

背が低いローテーブルは、上から天板全体を見るので、天板の形や素材も選ぶときの重要なポイントです。
使い勝手や素材、形の好みを考えながら、ローテーブルを選んでみましょう。


丸天板のローテーブル

角がなく優しい印象の丸形やオーバル形は、デザインを重視される方にオススメです。

→丸形のローテーブル商品一覧

四角天板のローテーブル

使い勝手を重視される方には、正方形や長方形のローテーブルがオススメです。

→四角形のローテーブル商品一覧


ガラス天板のローテーブル

水拭きが出来て、汚れも付きにくく、お手入れもしやすいガラス天板のローテーブル。

→ガラスのローテーブル商品一覧

革天板のローテーブル

こだわり派の方に大人気の高級感が漂う天板が革張りのローテーブルです。

→革のローテーブル商品一覧


商品一覧
1件~51件 (全125件) 1/3ページ
1 2 3  次へ

1件~51件 (全125件) 1/3ページ
1 2 3  次へ