ソファ

リビングで、ゆったりとくつろぐアイテムとして欠かせないソファ。 複数で座る横長タイプや一人用のパーソナルチェアなど、いろいろなソファをご紹介しています。

ソファとは

いろんなソファアンティーク

ソファとはクッション性のある座面で、ゆったり座ることの出来る椅子のこと。
複数人で座ることの出来る横長タイプや、1人用のパーソナルチェアなど、リビングや寝室などでくつろぐときに使われることが多いので、使い心地を気にされる方も多いアイテムです。

サイズやデザイン、座り心地などもソファによって様々。
実際、ソファといってもいろんなものがあり、どう選んでいいのか難しい…という方も多いのではないでしょうか?
一度買うと、なかなか買い替えることがないソファは、長く使うものだからこそ、自分にぴったりなアイテムを選ぶのが重要です。


そんなソファの選び方のコツをご紹介するので、生活スタイルや使い方を考えながら、自分に合ったソファを選んでみてください。


point01.
サイズから選ぶ

オシャレなアンティーク調のソファ

自分にピッタリのソファを選ぶ際、特に大切なのがソファのサイズ。
ポイントは、「置きたいサイズ」と、「置けるサイズ」は違うということ。

ソファの大きさがお部屋に置けるサイズだったとしても、狭いスペースに大きなソファを置いてしまうと圧迫感を感じてしまったり、人が通れるスペースが少なくなってしまう可能性もあります。

一般的に、1人が余裕をもって通るために必要なスペースは60㎝、ソファの前にローテーブルを置く場合はテーブルとソファの間に30cmのスペースがあると良いと言われています。


いろんなソファアンティーク

ソファの周りを人が通れるようにするなら60㎝、テーブルを置くなら前に30cm程度の空間があれば、人の動線も確保できて、より快適に過ごすことが出来るんです。

過ごしやすいお部屋のスペースもしっかりと確保した上で、自分のお部屋にはどのくらいの大きさのソファが置けるかを確認してみてください。

また、忘れがちなのがソファの搬入経路。
ソファの多くは一体型になっているものが多いため、お部屋へ運ぶときのドアや廊下、階段の広さもチェックして、きちんとソファが運び込めるかどうかを確認しておきましょう。


point02.
使い方から選ぶ

ゆったり座れるソファの奥行

お部屋に置くソファのサイズを確認した上で、さらに大切になってくるのが、「実際に使った時のイメージ」。

リビングでくつろぐときに使うのか、お客さまをもてなす応接室で使うのか、食事をとったり仕事をするときに使うソファなのか…など、使う目的は人それぞれです。

たとえば、ソファに座って「のんびりくつろぎたい」とき。
ソファの上で胡坐をかいたり、足をのせて床で座るように使いたい場合は幅と奥行きの広いソファがオススメ。


オットマンを合わせてくつろげるソファ

また、ベッドのようにゴロンと寝転がって使いたい場合は、横長タイプのソファや、足元にオットマンを組み合わせても横になってリラックスしながら過ごすことが出来ます。

お客さまをおもてなしする「応接室で使うソファ」は、普通の椅子と同じ感覚で使える、しっかりとした座り心地のソファを選ぶようにしましょう。

少し硬めの座面のクッションなら、ふかふかした座面よりも立ったり座ったりの動作もしやすくなります。


ダイニングで使えるおしゃれなソファ

「食事や仕事のときに使うソファ」なら、奥行きが深すぎないソファを選ぶのがポイント。
テーブルや机の前で作業するときに、奥行きが広いと、体とテーブルとの距離が開いて作業がしづらくなったり、姿勢が悪くなってしまうことがあります。
体勢が崩れないように、しっかりとした姿勢で座れるソファを選んでみましょう。

こんな風に、どのお部屋でどうやってソファを使いたいかをイメージしておくことで、自分の生活スタイルに合ったソファを選ぶことが出来ます。


point03.
ソファの構造から選ぶ

木製フレームのアンティークソファ

最後のポイントは、ソファの構造
ソファの種類によって、デザインやサイズも違えば、つくり方も様々です。

基本的にソファの骨組みは木製のフレームにクッションを重ねることで作られています。
木製フレームのベースに、バネやウェービングテープなどの衝撃吸収材を合わせ、さらに座り心地を左右するクッション材を重ねることで、ソファならではのゆったりとした座り心地を作り出してくれているんです。


アイアンフレームのアンティーク調ソファ

中には、木製だけでなくアイアン製のフレームや編み座の椅子の上に、個別のクッションを乗せたものもあり、背もたれにもクッションが付いていたりフレームだけになっていたり…ソファの造りもいろいろ。

座面だけでなく背もたれとアームにもクッションが付いたタイプは包み込んでくれるような座り心地に、座面だけにクッションが付いたソファは自然と背筋が伸びるような姿勢になるのが特徴です。


挿し色にもなるおしゃれなソファ

また、クッション部分に張られた生地の素材や色によっても、お部屋の雰囲気がガラッと変わって挿し色にもなります。

英国アンティークのおしゃれな革張りソファや、木製フレームのビンテージソファ、フレンチスタイルの華やかなソファなど、デザインもいろいろあるので、インテリアに合ったアイテムを選んで、素敵なソファのある暮らしを楽しんでください。


商品一覧
1件~51件 (全70件) 1/2ページ
1 2  次へ

1件~51件 (全70件) 1/2ページ
1 2  次へ