スタッフ紹介


水野 慎太郎

社長

創業明治36年の老舗家具屋の4代目として誕生。4人姉弟の末っ子長男。姉3人の中で、大事な跡取りとして揉まれながらたくましく育つ。

小さい頃からお店が遊び場だった為「慣れ親しんだ家具がやっぱり好き」と気付き、神戸の大学を卒業してから大阪の大手家具店に就職。修行後、家業を継承。

それまでのイメージを一掃し「木の家具」を専門に扱うようになり、偶然、出会ったアンティーク家具の美しさに惚れ込み、Handleをオープンさせる。

小さい頃から大好きだったプラモデル作りの延長で、今は、アンティーク家具の修復に没頭。家具や住宅の素材集めが大好き。趣味はホームセンターで道具や素材を見つけること。

とにかく好奇心旺盛。思い立ったら即実行!周りのスタッフを巻き込みながら突き進む自称ユーチューバー(笑)



水野 友紀子

MG

空間スタイリスト。
毎日を楽しくするインテリアや雑貨の紹介など、県内外の雑誌で活躍中。女性の使いやすさを考えた提案と洗練されたコーディネイトが幅広い人気を得ている。

固定観念にとらわれない野生の感覚?で提案する主婦目線の家具の配置や設計図面のアイデアや色使いが好評。

プライベートは3児のママ。趣味はお花とカメラ。

得意分野は好きなものが素敵になる空間作りと化学。薬剤師免許を保有。

→もっと詳しいプロフィールはこちら



小澤(戸田)真弓

戸田

短大卒業後、住宅メーカーに勤務。
「もっと直接お客様と接して、身近なインテリアが提案したい!」とHandleへ。

4人姉弟の長女なので、ついつい仕切ってしまいがち。さらに探究心が強く、小賢しい発言が多いので「トダ(戸田)ってる」=「小賢しい事を言う」と表現されるまでに(笑)

カメラでの撮影から受注処理、電話での応対まで、全てのことをオールマイティにこなす。最近、結婚して戸田から小澤に代わったが、面倒なので戸田で仕事を貫いている通称「トダマン」
小学生 1児のママ



酒井 有紀子

酒井

老眼で虫眼鏡なしではPCの文字が見えなくなったが、親指と人差し指のわずか2本ずつだけで誰よりも早くPCを打ち込むことが出来る(笑)

主婦歴約30年を武器に、全国からの電話でのお問い合わせに、主婦目線での回答をバリバリの福井弁でお答えしている。

自慢は体の丈夫さ。生まれてから今まで、ほとんど病気をしたことがなく、注射をほとんどうったことがない。海外に買い付けに行った時も、誰よりも元気で活動的。20代のスタッフ以上の行動力で動き回る。

毎日、孫の面倒をみながら、健康な体を維持するため、フラメンコとヨガに通っている。



橋田 絵美

橋田

千葉県生まれの大阪育ち。現在、金沢市内の自宅でリモートワークをこなしている。
子どもの頃は父の転勤で日本各地を転々とし、高校から金沢で生活をはじめる。

転校先でいじめにあったことで、自分でなんとかする力を身につけ、各地の方言を一瞬でしゃべれるようになる(笑)大人になった今では、ちょっとのことでは全く動じない性格に。海外でも現地の人と日本語で会話する(大笑)

結婚、出産、新築を機に、インテリアの提案力に磨きがかかる。電話で5分しゃべれば、その地方の方言で喋っているほど、順応能力が高い。
小学生と保育園 3児のママ



中嶋(坂井) 美幸

中嶋

中学時代の同級生と結婚し、現在、子育てしながら愛知県で在宅スタッフとして、日々仕事をこなす。

昔からインテリアが好きで短大ではインテリア、建築を専攻。お客様が分かりやすいよう、絵を描いて一緒にイメージし素敵な空間を作るのが得意。

2歳年上の兄と12歳と14歳年の離れた妹2人の4人兄妹。小さい頃から妹たちの面倒をみていたので、学校の行事や懇談会には母の代わりに必ず参加していたほど(笑)
妹以来、久しぶりの子育てに慣れた様子で奮闘中。
小学生・保育園2児のママ



冨田(宮永) 文代

宮永

家政大学卒業後、東京で大好きなアパレルの仕事に就き副店長になるが、母の看病のため地元に戻ることを決め、アパレルの次に好きだったインテリアの世界に飛び込む。

裁縫が得意で、中、高校の家庭科教員免許を持つ。3人姉妹の末っ子。姉二人は双子。末っ子で甘えて育ったためなのか?究極のおっちょこちょい。

自分でも理解できないほどのことをしでかすほどのおっちょこちょいだが、慣れているため、自分のやったことは必ず自分で責任をとっている!をモットーにしている。

・・・が、気付けば他の人のお弁当を間違えて食べても、指摘されるまで気付かないこともある要注意人物(笑)
保育園 2児のママ



東 香里

東

「制服が可愛いから」と言う理由、商業高校に進学するも、小さい頃から好きだった絵やデザインの勉強がしたいと短大ではデザインを専攻する。

3人姉妹で下に弟と妹がいる長女だが、甘やかされて育っているので実はワガママ。
家族が大好きで父と一緒に映画に出かけることも多い。

子供向けのアニメが好きで最近の趣味は本屋さんで絵本コーナーで立ち読みする事。
「ヒガシ」だが「アズマ」と呼ばれることも多く、最近では「アズマックス」と呼ばれ始めている(笑)



奈良 朋子

奈良

青森出身。小さい頃から、リンゴは買わなくても箱ごと手に入るのは当たり前。 3つの海(日本海・太平洋・津軽湾)のいろんなお魚を食べて育つ。

小さい頃から音符を読むのが大好き!音楽の道に進むため大学進学を機に上京。在学中から欧米各国を周り、最後はオペラの都イタリアに落ち着く。

オペラの稽古の傍ら、和太鼓、ブドウ栽培などで10年間過ごすが、コロナ禍を機に日本に帰国。

ヨーロッパでの生活に懐かしさを感じHandleへ。福井の自然の豊かさ、お蕎麦・秋吉(焼鳥)・魚のおいしさに心奪われながら、目下、修行中。特技はオペラと津軽弁。



谷 幸江

谷

柔軟に対応して、真面目に一人でもくもくと仕事をこなしてくれるため、気が付けば(ミヤマンから)いろんな仕事を振られることになっている気が・・・(汗)

趣味は漫画鑑賞。子育て&家事の合間に少女漫画を読み、夢を見ながら、子どもと追いかけっこで走り回る日々。

ちなみに住んでいる場所は野生のイノシシが出る地域!
中学生 小学生 2児のママ



江尻 珠央

江尻

岐阜県飛騨市出身。
英語教師の伯父の影響を受け、語学を学ぼうと大学ではスペイン語を専攻。スペインに留学する。
帰国してから知り合ったご主人と結婚し福井へ。

結婚してから20kgも太ってしまったらしいが、実はもとスプリンター!

スプリンターの血が騒ぐのか?!Handleでも動きはかなり速く、機敏に動き過ぎた結果、階段を踏み外して尻もちをつき、尾てい骨を骨折した経験も!にも関わらず、次の日から仕事に復帰する頑張り屋さん。
高校生、中学生 2児のママ



丸池 沙織

丸池

大学では人文学を専攻。
卒業後、お寺に就職する。・・・も、朝早くから精進料理を作る日々に疲れ転職。介護福祉の企業で勤め、その間、福祉に関する資格をとる頑張り屋さん。

専業主婦に憧れ、結婚を機に家庭に入るが、子育てと主婦業の毎日が性に合わないことに気が付きHandleへ(笑)

働く日々に充実さを感じながら働いていることが性に合っていることを再確認する「まるちゃん」です。
小学生、2児のママ



瀧本 望

荒木

石川県の奥能登出身。富山県出身のダンナサマと結婚し、北陸三県を完全制覇すべく福井へ(笑)

子どもの頃は、漁師のお父さんに連れられ、海が遊び場。そんな環境で育っているのに、魚は触るどころか食べるのも苦手(苦笑)

やんちゃな息子を毎日お世話するだけの生活に疲れ、気分転換?のためにHandleへ(笑)持ち前のフットワークの軽さで仕事をテキパキとこなす。

パン屋で働いていた頃から、パン屋さん巡りが好き。釣好きのご主人と一緒にドライブし、空や海を眺めたり、地図を見るのが大好きな保育園1児のママ



佐藤 理枝子

荒木

大学卒業後、システム開発会社へ就職。SEとしてバリバリ働く生活を過ごす。

出産を機に、PC業務から離れたいと思いHandleへ。

気がつけば、いつの間にかスキルをかわれ、Handleでも再びパソコンの前で、業務をバリバリこなしている(笑)

お休みの日は、子どものサッカーの試合を観戦したり、お菓子やパン教室へ通う。

趣味は韓国ドラマを見ることと、続かないダイエット(汗)中学生 小学生 保育園 3児のママ



古市 鈴奈

古市

ゆったりとした時間の流れる福井が大好きで、人生のほとんどを福井で過ごす。

ウォーキングが趣味で、毎朝、歩いてハンドルへ。
お休みの日には、得意のお裁縫で、いろんな布雑貨を製作。

切ったり貼ったりする作業が好きなので、家具や雑貨の梱包も毎日張り切ってこなしている。

力持ちなので、大きな家具の移動や梱包もお手の物。中学生と小学生2児のママ



川畑 穂乃香

川畑

福井市生まれの福井市育ち。実家から徒歩圏内の短大を卒業後、就職した銀行で配属された支店も徒歩圏内(笑)

福井以外で生活をしたことがなかったのに、結婚後にダンナさまの海外転勤で、福井を飛び出し、なんと!2年間のフランス生活を体験する。

すっかりフランスのマダム気分で福井に戻った後、フランス気分が抜けきれず、ハンドルへ。またも徒歩圏内のため、毎日歩いて通勤中。

外で過ごすことが好きで、休日は子どもと公園で過ごすことが多い、小学生と保育園、3児のママ



宮下 史帆

宮下

もともと美しいデザインのものやアンティークが好きで、ハンドルのHPを見つけて眺めているうちに、ドンドン憧れが強くなりハンドルへ。

陶芸やそば作り、プログラミング・・・などなど、家族で新しい体験にチャレンジすることが大好きで、チャンスがあると、家族みんなでいろんな体験に参加している。

最近は、子どものサッカーの試合観戦の合間に、観葉植物やガーデニングに興味が出てきた、中学生と小学生 2児のママ



前田 裕紀

前田

雪深い大野市で生まれ育ち、中学時代、音楽に興味を持つようになり、吹奏楽部でフルートを担当。

高校卒業後、美容師になる夢を叶えるため、大阪の美容学校へ。

卒業後に夢を叶え、美容師のアシスタントになるも、薬品が合わず断念(涙)

次に夢だった歯科助手と美容部員を体験し、ハンドルへ。

最近は、休日に銭湯に行って、家族とゆっくり過ごすことで癒される、小学生1児のママ



小森 文乃

小森

石川で生まれ育ち、富山の大学に進学。大学時代に出会った福井出身のご主人と結婚。ご主人が実家のお店を継ぐことになり、一緒に福井へ来たことで、北陸三県を制覇する(笑)


洋服や雑貨が好きで、結婚前にお買い物に出かけていたが、家事と育児に追われた今は、ネットショップにハマり、興味が沸きハンドルへ。

最近は、アウトドア好きのご主人の影響で、登山やカヤック、スキーなどのアウトドアスポーツで季節を楽しみながら子どもたちといろいろなことに挑戦している、小学生 保育園 3児のママ



山口 智加

山口

教育学部卒業後、歯科医院で歯科助手として勤務。出産を機に仕事を辞め、子育てに専念するも、働きたくなってハンドルへ。

マイペースでおっとりしているように見られがちだが、中学ではソフトボール、高校、大学では陸上に励み、東京オリンピックで影響されたスケートボードを始めるか思案中。

最近の楽しみは家族で釣りに出かけること。・・・でも、子どものお世話でなかなか釣竿を握れない保育園 2児のママ



山本 良江

山本

生まれも育ちも石川県。大学も就職もずっと石川県だったが、ご主人の転勤で富山県に。6年間住んだ後、福井に転勤することになり、無事、北陸三県を制覇(笑)

「アンティーク」という響きに惹かれ、キレイなものに囲まれて働きたくなりハンドルへ。家の間取り図を見ることとマスキングテープ&シールを集めることが好き。

休日は虫を捕まえに子どもと一緒に公園へ。だんだん大きくなってきた子どもに達成感を感じて欲しいと思うようになり、富士山登頂を目指し家族で登山を始める、幼稚園児1児のママ。



三輪 光芳

三輪

一級建築士。福祉住環境コーディネーターの資格もあるため、バリアフリーを考えた設計も得意。

一級建築士にはめずらしく、お客様の立場に立って、お客様の声を聞きながら、お客様目線で設計する図面は使いやすいとたくさんの人から支持される。

忙しい日々の傍ら、福井市都市景観賞選考委員や日建学院(建築専門学校)の講師として、新しい建築士を育てる手伝いをしている。
趣味はお酒を飲むこととおいしい物を食べる事。ただし、痛風なので大好きなカニも食べれず、常に食べ過ぎ、飲みすぎには注意している(笑)



伊勢谷 嘉広

イッセイさん

一級建築士・一級建築施工管理技士・福井県木造耐震診断士・増改築相談員の資格を持つ。

建材会社、工務店、ハウスメーカーの現場監督を経験し独立。
一級建築士の資格を持ちながら「現場が好き」と設計はほとんどせず、お客さまのいる現場に向かうことが多い。

小回りが効き、すぐに対応してくれる人柄がたくさんの方に支持され、いつも人気者。
とにかく誠実。「一つ一つ誠実に、信頼の家造りがしたい」が信条です。



杉山 亘

杉山

昔ながらの技術を継承している大工さん。
福井の中でも県境の山、水のキレイな大野市出身。

福井市から車で50分ほどかかる道のりを日々、建築現場まで長時間かけて運転し向かってくれる。

とにかく仕事は丁寧で、現場もキレイ。大野らしく優しい言葉使いが特長。



鈴木 一彦

鈴木

実は宅地建物取引士の資格を持つ大工さん。

Handleの店舗からスタジオまで、この方なくては造れなかった腕利き。

丁寧な施工を心がけ、私たちのワガママにも嫌な顔一つせず付き合ってくれる凄腕。
建具の取り付けも得意。取り扱いが難しいアンティークの建具もあっという間に取り付けてしまう。



池本 浩司

池本

Handleの家具修復担当。
実家が自動車屋さんで、幼いころから車を触って遊んでいた。

自動車修理の技術が家具の修復にも生かされている。
趣味はスノーボード、年に30回行く程スノーボードが大好き。

トレードマークはつなぎ(笑)いつも社長の右腕?となって、YOU TUBEなどの撮影も修復の傍ら手伝う。



中野 顕

中野

Handleの配送スタッフのプリンス。
とても無口なイケ面。

イケ面なのに、かなりシャイな性格なので、時々愛想が悪いと勘違いされてしまう。
体はとっても細いのに、どんな重いものでも軽々と持ち上げてしまう達人。

検品もとても上手。細かいことによく気が利くとお客様にも評判です。



クラフトマン軍団

クラフトマン

Handleのアンティークは、
この人たちの手によって、
息を吹き返します。
とても丁寧な仕事には自信があります。
お客様に満足して頂けるアンティークをお届けしていきます。