一般的な家具と
アンティーク家具の違い

アンティークと一般家具の違い


一般的な家具とアンティーク家具の違い

「家具」と言っても、いろんな家具があります。
僕たちが扱っている「アンティーク家具」は、一般的な家具と一体どんなところが違うでしょう?一般的な家具とアンティーク家具、両方に携わってきた、老舗家具店4代目の僕が説明します。


「木材」の違い

まず、当たり前のことですが、家具は木材で作られています。
一般的な家具もアンティーク家具も、どちらも「無垢板」もしくは「突き板」で加工されます。

無垢板とは一枚の板のこと。丸太から切り出したままの木材のことです。突き板とは、木材を薄くスライスしたもののことを言います。

一般的な家具もアンティーク家具も、同じように無垢材と突き板が使われますが、使い方に対する考え方が大きく違います。

一般的な家具が突き板を使うのは、コストを削減するためです。

ベニヤ板などの芯材で組んだ板状のものに、薄くスライスした突き板を貼って、木材のように加工したものを使って一般的な家具の多くは作られます。

無垢材を使うより安く、大量に均一のものを作ることができると言う理由です。

また、一般的な家具にはあって、アンティーク家具にはないもの。「プリント合板」も同じです。

アンティーク家具が作られた時代にはなかったプリント合板とは、機械化が発達したおかげで、紙に木目をプリントして木に見えるよう加工したものです。一般的な家具では多く使われています。

日本で無垢材の家具が良いとされ、突き板だと安価な家具と言うイメージがあるのは、こんな理由からです。

逆に、アンティーク家具で突き板が使われる理由は「木目」です。
デザインの美しさを何より大切にして作られているアンティーク家具は、美しい木目はデザインの一部と考えられています。

そのため、驚くことに、高級材と言われる無垢材の上にわざわざ突き板が貼ってあるアンティーク家具もたくさんあります。

一般的な家具の突き板は、量がたくさんとれるように丸太をそのまま薄くカットしていきますが、アンティーク家具で使われる突き板は、桂剥きのようにカットされ、表皮に近い美しい木目の部分だけが使われています。

例えると、マグロで言うトロの部分のみが突き板として使われるような感じです。

家具を作る時にはいろんな樹種が使われていて、それぞれの木に特徴がありますが「この木が素晴らしい」とか「この木はよくない」などの優越はありません。

木目や色など好みがあるので、自分の気になる木材を使った家具を探されるのが一番ですが、一般的な家具では手に入れることが出来ない木材があります。

例えばマホガニーはワシントン条約で伐採が禁止されているので、現代「マホガニー」と呼ばれている木材は植林されたもの、もしくはマホガニーに似せて作られた木材のどちらか。
本来のマホガニー材の美しさを手に入れることが出来るのは、まだ伐採を禁止されていない時代に作られたアンティーク家具だけです。


「デザイン」の違い

やっぱり一番大きく違うのは見た目。「デザイン」です。
そもそも、アンティーク家具が生まれたヨーロッパと日本では家具に対する考え方が大きく違うと僕は思います。

日本で家具とは、機能性や収納力など実用性を重視されて作られたもの。でもヨーロッパでは、置いた時にどれだけお部屋を素敵に見せてくれるかということの方が重要です。

だから、日本のようにお部屋のサイズや収納量に合わせて家具が作られているのではありません。まずは見た目の美しさを考えて家具がデザインされてます。だから、ヨーロッパの家具はデザインがステキで華やかなものが多いんです。

例えば「脚」のデザイン。あまり意識してみることがない脚のデザインですが、よく見てみると、一般的な家具は一度にたくさん作ることを考えてデザインされているので、均一化できる直線的でシンプルなデザインの脚が多いです。

さらに生活様式が違うこともデザインに大きく影響しています。
家の中では靴を履かず畳の上で生活していた日本では、家具には脚はありません。和室で使いやすいよう「台輪」と言って台にのっているものが主流。昔、英国から家具が輸入された際は、家具の脚をカットして使われたほどです。

それに対して、靴を履いて生活する西洋のアンティーク家具には、昔から使われてきた伝統的なデザインを基に作られた脚のデザインがたくさんあります。いろんな意味が込められた脚のデザインはどれも凝っていてとても優雅です。



たかが脚のデザインですが、脚だけ見てもこんな風に違うんだなと思いながら見ると、なかなか楽しいです。脚のデザイン以外にも、いろんな部分のデザインが一般の家具とアンティーク家具では違います。


「作り方」の違い

現代、造られる家具は、どんなに「手作り」と言っても、1点だけを作ると言うことはコストがかさんで高額になってしまうのでほとんどありません。一部はオーダーであっても、脚の部分など、共有できる所は最低でも10~20本、安価な大量生産の家具だと何百本から何千本単位でロットを組んで造られることがほとんどです。

ロットを組んで一度にたくさんの数を造る現代の家具は、機械化で最新の技術を使って作られているため、同じデザインの家具をたくさん手に入れることが出来ます。

それに比べてアンティーク家具が造られたのは、まだ機械化が発達していない時代。ほとんどの家具が面倒な手作業を施しながら造られていました。

特に1920~30年代に作られた家具は、デザインの完成度が一番高く美しい家具が造られたと言われる時代です。全てがセミオーダーの手作り家具。オーダーする人が自分の好きなデザインを集めて1つの家具をデザインし、その人のためだけに造られた家具です。

なので、同じデザインのものを見つけることは難しく、例え同じデザインのものが見つかったとしても、手作業で造られているために均一性がなく、全てが一点ものと言うのがアンティークです。

同じものはないので、どんなに気に入っても同じものを手に入れることは出来ないので、お部屋全部の家具を同じもので揃えたいと言う方には向いていません。


「塗装」の違い

アンティーク家具が修復出来る理由の一つが「塗装」です。
家具の塗装にはいろいろなものがありますが、一般的に販売されている家具の塗装は、ウレタン塗装が一番多く、次いでラッカー塗装、オイルフィニッシュ仕上げになります。

一般的な家具に多いウレタン塗装は、木の上に化学的に作られたウレタン樹脂を吹き付けて塗膜で覆う塗装です。

木の上に塗膜を作って、木が呼吸するのを止めるため、反りや割れがおこりにくく、水や汚れにも強いので取り扱いがラクです。

ウレタン樹脂=プラスチックのようなものなので、長期間使うことで塗膜が傷つき、劣化が起こってきた時には修復は困難なので買い替えをすることを考えなければいけません。いわゆる使い捨てになってしまう家具です。

アンティーク家具に使われている塗装は、昔から使われてきたシュラックニスと言う自然素材のニスです。

自然素材のニスなので、熱や水に弱いのですが、木が持つ本来の風合いが楽しめ、使うごとに自然な色艶が出てくるのが特徴です。

キズや汚れが付いても、何度でも塗装を剥離して修復することが出来るので、100年近く経った家具もピカピカにすることが出来ます。

家具の塗装は、それぞれに長所と短所があります。一番自分に向いていると思う塗装が施されている家具を選びましょう。


一番大きく違う部分は・・・

こんな風に一般的な家具とアンティーク家具にはいろんな違いがあります。どちらの家具も見てきた僕が思う、一番大きな違いは「実用性」ために作られた家具なのか、「見せる」ために作られた家具なのかということです。

いろんな違いはありますが、やはり「家具」をどんな風に考えているかが一番大きな違いだと思います。日本では実用性重視で考えられる家具ですが、ヨーロッパではインテリアとして重視されています。
家具を置く事でお部屋の雰囲気がステキになり、居心地のいい空間を作って、そこで過ごす時間が贅沢になる・・・
そんな風に造られたアンティーク家具をぜひ使ってみてもらいたいなと思っています。