アンティークキャニスターホーロー・エナメル

イギリス・フランスから直接買い付けたホウロウのブレッド缶やビンテージのスパイスボトルなど、いろいろなアンティークのキャニスターを紹介しています。


商品一覧
1件~8件 (全8件) 1/1ページ

1件~8件 (全8件) 1/1ページ

ホーロー・エナメル商品一覧

金属やガラスの表面にガラス質の塗料を焼き付けたホーロー(琺瑯)。英語ではエナメル(enamel)と呼ばれる商品を集めてみました。


ホーロー・エナメルとは?

ホウロウ(琺瑯)とは、金属やガラスなどの表面にガラス質の釉薬を高温で焼きつけたもののことです。英語では「Enamel(エナメル)」と呼ばれ、日本語では琺瑯と漢字で書きますが、ムズカしいのでカタカナで「ホーロー」や「ホウロウ」と書かれることが多いため混乱しますが、どちらも同じもののことです。

15世紀に誕生したと言われるホーローですが、イギリスでは1830年にバーミンガム北西にある英国の金属工業の街、ウォルバー・ハンプトンで誕生しました。

表面の色がとても美しいエナメルは、酸や塩分に強く、匂いや色が付きにくく洗いやすいことから、調理器具などの家庭用品から、看板や壁面の装飾などに使われていました。

19世紀にはかなり高価だったため、貴族階級でしか使われることがなかったホウロウですが、20世紀に入ると生産技術が向上。一般家庭でも使えるようになり普及していきました。

キッチン用品に向いているホーローですが、衝撃には弱く、ヒビが入ったらその部分から錆が発生しやすいデメリットがあります。

そのため、アンティークのものは当たりと言われる欠けが入っているモノがほとんど。出来るだけキレイなものを選んで買い付けることが重要です。