丸い風船の形のアンティークチェアを比べてみました

中嶋美幸
中嶋 美幸

お客様のお部屋


アンティークの椅子、バルーンバックチェア

今日は、私のお気に入りの椅子、バルーンバックチェアを、背もたれのデザインを比べながらご紹介していきます。

アンティークチェアのお花の装飾

バルーンバックチェアは、名前の通り背もたれが丸い風船のような形をした椅子です。

特に、赤い座面が華やかなこちらの椅子は、背もたれのきれいな真ん丸で、バルーンバックチェアの代表とも言えるようなシルエットが素敵なんです。
一本の木がこんな風に丸いシルエットになるなんて、いったいどういう風に造っていたんだろう…と想像も膨らみます。

アンティークチェアのお花の装飾

丸い背もたれの下の方には、可愛いお花が2輪咲いていました。

ワンポイントで入っているお花の彫りは、近くで見ると立体感があって、花びらの部分も細かく丁寧に施されているのが良く分かります。

見れば見るほど当時の職人さんのこだわりが感じられる、アンティークの椅子です。

→お花のワンポイントが可愛いアンティークの椅子を見てみる

アンティークの椅子、バルーンバックチェア

こちらは背もたれのバルーンに少し華やかさがプラスされたデザインです。

先ほどの椅子とは脚の形も違って、柔らかなカーブを描いた脚が、可愛いお花の座面と合わさって女性らしい雰囲気です。

アンティークの椅子、バルーンバックチェア

背もたれを近くで見てみると、トップに細かな装飾が施されているのが分かります。
くるんくるんと植物が伝っているようなデザインは、向こう側が透けて見える透かし彫りの装飾になっていて、惹き込まれるような美しさです。

フレーム部分には、よく見ると溝が入っていて、お部屋の照明が当たって、光と影のコントラストが生まれています。
それだけでもなんだか華やかさが増すように感じられるので不思議…。

→透かし彫り×お花の座面がオシャレな椅子を見てみる

アンティークチェアのお花の装飾

こちらはさらにバルーンの形がアレンジされたデザインのチェア。

背もたれは今までの2つのように丸ではないけど、真ん中を透かし彫りで繋げたデザインや、王冠のようなトップの装飾も華やかで、高級感たっぷりのバルーンバックチェアです。

アンティークの椅子、バルーンバックチェア

複雑に彫り込まれたデザインは、シンメトリーになっていて、手作業でこんなに美しく木を加工することが出来るなんてちょっと感動してしまうほどです…。

背もたれのバルーンの部分から透かし彫りにつながる部分も丁寧にデザインされていて、透かし彫りを組み合わせながら丸い形が表現されていることからも、職人技が感じられて、まるで芸術作品を見ているような気持ちになります。

→芸術品のような華やかなアンティークの椅子を見てみる

アンティークの椅子、バルーンバックチェア

ちょっと番外編?で珍しい形のバルーンバックチェアと言えば…こちら。
植物のツタのような、トゲのあるバラのようなかなり珍しいデザインです。

アンティークの椅子、バルーンバックチェア

脚も足先にかけて細くなっていき、まるで植物のようで、あまりに特徴的なデザインなので、まるでディズニー映画にでてきそうだななんて思いながら眺めていました。

今日は、4つのいろんな形のバルーンバックチェアをご紹介しましたが、一番のお気に入りはどれでしたか?
アンティークはいろんなデザインの椅子があるので、同じ「バルーンバックチェア」という名前でも、こんなにいろんな種類があるんです。
他にもいろんなデザインのバルーンバックチェアがあるので、是非、自分のお気に入りのデザインを見つけてみてください。

→こんな可愛い背もたれのチェア、見たことありますか?

▼Handleのお店の様子をのぞいてみましょう

アンティークのオススメ情報


  • Instagram
  • LINE
  • メルマガ
中嶋美幸

中嶋 美幸

アンティークショップHandle編集ライター

短大で生活デザインを学び、そこで得た住宅の内装や家具の知識をもとに、Handleでお客様担当係を長く務める。
結婚を機に、愛知県に移住。現在、在宅スタッフとして、2人の子育てをしながら、リモートでHandleの編集ライターとして、アンティークに関する知識を中心に執筆中。

アンティーク家具Handle
(水野商品館 株式会社)

1903年創業

【店舗&倉庫】
〒910-0019 福井市春山2-9-13

【南青山オフィス】
〒107-0062 東京都港区南青山5-4-41

古物商 福井県公安委員会許可
第521010008980号

関連商品はこちら



記事をシェアする

この記事に関連するカテゴリ