ドレッサー

ドレッサーとは、化粧や身支度を整えるための鏡がついた家具のことです。 引き出しなどの収納がついたデザインや、デスク代わりになるようなデザインなどがあり、いろんな使い方ができます。

ドレッサーとは

ドレッサーとは、メイクや身支度をするための鏡がついた家具のことです。 「鏡台」「化粧台」とも呼ばれ、ドレッサーには必ず鏡がついています。 簡単にメイクができるようなコンパクトなものから、全身をチェックできるような全身ミラー、合わせ鏡をして後ろ姿もチェックできる三面鏡など鏡一つでもいろんなタイプがあります。

日本では昔から、鏡は神様を象徴するものとして知られ、お嫁入の際に一番最初にお家に運び入れられ、嫁入り道具としてかかせない家具の一つでした。

最近では、ドレッサーでメイクをする方も少なくなってきましたが、ドレッサーはメイクだけでなくデスク代わりに使ったり、引き出しなどの収納が多いドレッサーは、メイク道具やアクセサリーなどだけでなく、衣類や大切にしているものなどの収納場所としても活躍してくれます。

ドレッサーを選び際は、ドレッサーをどのように使いたいかを考えてみましょう。
・メイクなど身支度をするためだけ・デスクとしても使いたい・収納も増やしたい・場所を取らないコンパクトなサイズが置きたい・・など、使い方は人それぞれ。
自分がドレッサーをメイク+どう使いたいかを考えて選ぶようにしましょう。


の種類

まずはドレッサーの「鏡の種類」を選びましょう。大きく一面鏡タイプ・三面鏡タイプ・姿見タイプの3種類があります。


一面鏡

一面鏡タイプのドレッサー

ドレッサーの定番の一面鏡タイプ。鏡も丸型や四角型など様々で、コンパクトなサイズから大きなもの、さらにデザインも豊富で、自分の合った好きなデザインを見つけることができます。

三面鏡

三面鏡タイプのドレッサー

三面鏡のポイントは両サイドの鏡を向かい合わせて、合わせ鏡にすることで、後頭部まで見ることができることです。ヘアアレンジなどにも最適です。

横長タイプ

横長タイプのドレッサー

鏡が横長タイプのドレッサーです。北欧スタイルのドレッサーに多く、スッキリとしたオシャレなデザインが人気です。 ドレッサー自体も横に大きく天板が広く作られているため、デスクなどにも使えるドレッサーです。


姿見タイプ

姿見タイプのドレッサー

全身をチェックできるよう、鏡が縦に長い、姿見タイプのドレッサ-です。お家に一つは欲しい姿見とドレッサーを合わせたデザインで、一つでメイクも全身チェックもできる便利なドレッサーです。

ライティングドレッサー

ライティングドレッサー

蓋を開けると、ミラーが出てくるタイプのライティングドレッサー。 使わないときは蓋を閉じておけるので、雑多になりがちなメイク道具などもスッキリ片づけることができます。


ドレッサーの使い方

ドレッサーはメイクや身支度をするためだけでなく、他にもいろんな使い方ができる便利なアイテム。メイクだけじゃないドレッサーの使い方で暮らしにも彩りを添えてみてはいかがでしょうか。


衣類から大切なものまで
収納に使う

ドレッサーを大切な物の収納場所に使う

ドレッサーは家の中にあるたくさんの家具の中でも唯一の「女性だけの家具」なんです。 だからこそ、ドレッサーでメイクはあまりしないという方でも、ドレッサーの収納は使う!という方が多いんです。
ジュエリーや日記や通帳、また大切にしている衣類など・・自分だけの大切なものをギュッと詰め込んでください。


自分だけの書斎
デスクとして使う

ドレッサーをデスクとして使う

天板の大きなドレッサーは、自分専用のデスクとして活躍してくれます。
PCを開いて仕事をしたり、日記をつけたり、読書やお茶の時間を過ごしても素敵です。
ドレッサーが自分だけの、特別な書斎に変身します。


ミラー効果で
お部屋を広く見せる

ドレッサーでお部屋を広く見せる

ドレッサーというとなんとなく、寝室に置くイメージですが、オシャレなドレッサーはリビングに置くのがおススメ。 リビングまわりの収納もできて、ちょっとした身支度もリビングで完成。
ミラー効果で、お部屋を広く見せてくれます。


商品一覧
1件~37件 (全37件) 1/1ページ

1件~37件 (全37件) 1/1ページ