デスク

書斎で使う仕事用のデスク、家族で使うパソコンデスク、ちょっとしたときに使いたいあると嬉しい家事デスクなど、いろんな場所でいろんな使い方ができる家具です。

デスクとは

デスク(机)とは、書斎や仕事場、学習用として、勉強や仕事をしたり、日記や手帳などを書いたり、本を読んだりと、様々な作業をするための家具として使われています。 日本では、古くから「文机」といわれる机があり、床に正座をして使われていました。

時代とともに、デスクの使い方も生活スタイルの変化により、様々な使い方がされるようになってきました。

仕事や勉強用のデスクはもちろん、リビングで家族で使うパソコンデスクや、洗濯物やアイロンをかけたりできるような家事デスク、趣味の時間を過ごすデスクなど使い方も多様化しています。

デスクというとどっしりとした堅いイメージの家具ですが、実は用途や使う場所によって、様々なものがあり、デザインも豊富です。 様々なデスクの中から、サイズや種類、素材、デザインなどから、自分に合ったデスクを選びましょう。


デスクの種類

片袖デスク

片袖デスク

日本では一般的な学習デスクなどでよく見かける片袖が収納になったタイプのデスクです。

実はこの形は、日本独特の形で、デスクの原型が作られたヨーロッパではめずらしい形なんです。 収納もたっぷりとあり、天板も広く使える便利なデザインです。

両袖デスク

両袖デスク

椅子を入れる空間を中心に、両袖に収納がついた両袖デスク。 両袖にたっぷり収納がついているのがポイントです。

プレジデントデスク(社長机)と言われるデスクなどでは、両面使える仕様になっていて、お部屋の中心に置いても美しく見えるデスクもあります。


ビューローデスク

ビューローデスク

ビューロー(bureau)とは、引き出し付きの書台のことを言います。パッと見た目は引き出しや扉が付いた収納家具ですが、大きな扉を手前に扉を倒すと、扉部分がデスクに早変わりする家具がビューローです。

収納もデスクも、両方の機能を掛け合わせて持っている1台で2役の使い方が出来る便利な家具です。

トランスフォームデスク

トランスフォームデスク

トランスフォームデスクとは、パッと見た目はシンプルなキャビネットですが、扉を開けるとデスクとたくさんの収納が出てくる多機能なデスクです。

「HOME OFFICE」社が作ったその名も「ホームオフィス」という家具で、現代では作られていなく。ビンテージでしか出会えないとっても貴重なデスク。 名前の通り、家の中で小さなオフィスが作れちゃう便利なデスクです。


デスクの大きさ


どこにでも置けるコンパクトサイズ
~90cm

どこにでも置けるコンパクトサイズの90cm以下のデスク

デスクの中でも幅が90cm以下のコンパクトなサイズのデスクです。

幅が90cm以下と狭いので、ちょっと書き物をしたり、本を読んだり、ノートパソコンなどを使う方などちょっと使いしたい方におススメのサイズです。


使いやすい標準サイズ
90~110cm

使いやすい標準サイズの90~110cmのデスク

デスクの中も一般的に多い90cm~1m10cmサイズです。

学習デスクで使われているサイズで、宿題が始まる小学校から、教科書やノートがドンと増える受験生、そして大人になってからも長く使えるサイズです。


ゆったり使える大きいサイズ
110cm~

ゆったり使える大きいサイズの110cm以上のデスク

作業する場所を広くたっぷりと使いたい方は1m10cm以上のデスクがおススメです。

広い作業スペースが必要な方や、パソコンを2台以上置いて使う方、また二人以上並んで使う方などはゆとりをもったサイズを選びましょう。


商品一覧
1件~51件 (全71件) 1/2ページ
1 2  次へ

1件~51件 (全71件) 1/2ページ
1 2  次へ