オケージョナルテーブルとは

どこでもいつでも便利に使えるオケージョナルテーブル
「いつでも便利に使える」という名前がついた家具

「オケージョナルテーブル」って名前を初めて聞いた時、「一体どんなテーブルなんだろう?」と思った私。

「occasional」とは直訳すると「時折」という意味。
だからと言って、「時折、使うテーブル」ではなく、「時折、なにかあった場合でも、いつでも臨機応変に便利に使えるテーブル」なんだと教えてもらった時、なんだかすごく納得しました。

女性1人でも簡単に動かせて、いろんな場所でも便利に使える小ぶりなテーブル。

日本では、まだまだ馴染みがないからこそ、最もアンティークらしい家具がオケージョナルテーブルです。

お友達が来たときのテーブルとして、玄関で花台として、ソファ横のサイドテーブルとして・・・
いろいろ便利に使えるから、一度使ったら手放せない便利なアンティークです。


こんな風にも使えちゃう!使い方あれこれ

日本ではソファの前にテーブルを置くのが主流ですが、横にある方が絶対に便利!




お友達が来たときにも便利。どこでも持ち運べてあっという間にサロン気分が味わえます。




テーブルという名前ですが、家具としても便利に使えます。リビングで雑多に見えてしまうものを見せながらオシャレに収納。




ベッドの横に欲しいもの。本を読むためのスタンドライトや携帯電話、眼鏡に目覚まし時計…眠りにつくまでの至福の時間を過ごせます。




玄関はお家に遊びに来た人みんなが通る場所。お花を飾って、華やかに演出してみましょう。


オケージョナルテーブルの魅力

買い付けに行くと、いつも「オケージョナルテーブル」って呼ばれるものがたくさんあり過ぎて驚きます(笑)

イギリスでもフランスでも、明確に使う目的がなく、何にでも使えそうなテーブルは、全てが「オケージョナルテーブル」

「だって、便利に使えるんだもん」とあっけらかんと言っちゃう所に脱帽(大笑)

なんでもオケージョナルだから、デザインも素材も大きさもいろいろあって、選ぶのも楽しいんです。

最初は、どうやって使うんだろう?と思ったけれど、確かに便利!何にでも使っていることに気づきました。

畳文化だった日本では、まだまだ使い慣れていない、便利に使える小さなテーブルは、初めてのアンティークにもおススメ。

使い方は自由なので、自分だけの便利な使い方で楽しんでみて下さい。



  • 商品一覧を見てみよう
  • アンティークのおはなしを読んでみよう