「英国トラディショナル」スタイルのお部屋の作り方

歴史と伝統の大人スタイル

「英国アンティーク家具」と一言で言ってもいろんなデザインの家具があります。
その中でも主にオーク材で造られ、重厚な彫が入った家具のことをHandleでは「英国トラディショナル」スタイルと呼んでいます。


歴史と伝統の大人スタイル

「英国のアンティーク家具」と聞いて多くの方の頭に思い浮かぶ、落ち着きある雰囲気。それが英国の定番「トラディショナル」スタイルです。

チョコレートのような濃い茶色と重厚な彫りが特長の英国伝統のスタイルです。



「日本の住宅に似合う?」と不安に思う方も多いようですが、実はアンティーク家具が造られた当時のイギリス(ロンドン)と、現在の日本の住宅環境はとても似ているので、英国アンティークには日本の住まいに合う小ぶりなサイズの家具が多く使いやすいんです。



特に濃いチョコレート色の落ち着きある家具は、かつての日本の住まいの雰囲気にも似ているので、和室とも相性バツグン!

なんだか懐かしさも感じる事がことが出来る英国トラディショナルスタイルです。



英国トラディショナルスタイルの家具は、オーク材の無垢材を使って造られたチョコレート色が定番です。

オーク材は日本でも古くから親しまれ使われてきた木材なので、このスタイルの家具は、日本らしい和の雰囲気にも違和感なく合わせやすいのが特長。

また、いろんなアイテムが造られているので、お部屋全体の家具を同じスタイルでお揃いにすることも出来ます。


重厚な雰囲気を作りあげている大切な要素が「彫り」

とても堅いオーク材の無垢材部分を利用して、豪華な彫りが入っている所が英国トラディショナルスタイルの定番です。


ドッシリとした雰囲気ですが、よく見ると女性らしく可愛いらしいデザインの彫が多く使われているのも特長で、それぞれに意味があります。

脚の彫は、お菓子をモチーフにした「ツイスト」や、球根の形をした「バルボスレッグ」が定番。

風にカーテンがヒラヒラとした様子を模した「リネンフォールド」や半月型の「ルネット」などが扉面の定番です。


「英国トラディショナル」スタイルを作ってくれるたくさんあるアンティーク家具の中で必須アイテムは3つ。1つだけをお部屋にプラスするだけで、英国らしい落ち着いた雰囲気のコーナーを作ってみましょう。

歴史と伝統の大人スタイル

オケージョナルテーブル

日本ではあまり見かけることがない最もアンティーク家具らしいアイテムが「オケージョナルテーブル」
持ち運びしやすい小ぶりなサイズのテーブルは、いろんな場所で気軽に使えて大活躍するアンティーク家具です。

英国トラディショナルスタイルのオケージョナルテーブルは、脚がツイストになっているものが基本。だから、見た目もキレイで実用的にも使えるおススメNo.1の家具です。基本中の基本アンティークを押さえれば、あっという間に落ち着いた英国らしいお部屋を作ることが出来ます。


テーブルと言っても、ダイニングテーブルのように大きくないから、場所を選ばずどこにでもポンって置けちゃうテーブル。

高さがあるので、玄関や廊下、リビングなどに置いて上にお花や雑貨を乗せるだけ。それだけで、英国らしいワンシーンがあっという間に出来上がります。


日本だとソファの前に背の低いコーヒーテーブルを置いて使うのが定番ですが、ソファの横にオケージョナルテーブルを置いて「ソファサイドテーブル」として使ってみましょう。

横に置くだけでソファの見た目もカッコよく、英国らしい雰囲気のソファコーナーが出来あがり!座ったまま手を伸ばすだけなので、こっちの方が使い勝手もいいんです。


テーブルらしく使いたい方には、オケージョナルテーブルの横に、座りやすい椅子を2脚。それだけで至福の英国ティーコーナーが出来上がるんです。

使わない時は、Step1や2のような使い方や、壁面にくっつけて置くだけで、おシャレなお出迎えコーナーに大変身。持ち運びラクラクの小さな家具だから、いろんな用途で便利に使えます。


チェスト

英国トラディショナルスタイルの家具の中で便利に使える一番人気の家具が「チェスト」
日本だとチェストと言うと「収納家具」のイメージが強く、見えない場所に置いて収納するためだけに使う家具ですが、英国アンティークのチェストは見た目が美しいので収納しちゃうともったいない!いつも側に置いて「見せながら」使う美しい収納家具です。


引き出しが付いた家具って、実はリビングの必須アイテム。いつも散らかっていると思ったら、見た目が素敵なアンティークのチェストをリビングに置いて使ってみましょう。

リビングで雑多になっているものが全て収納出来るのはもちろん、天板の上に電話や本が置けて、なんだかオシャレに見えちゃう収納なんです。


見た目がカッコいいから、玄関に置けば一番最初に目に飛び込んでくるお出迎え家具。

チェストを置いた壁にミラーをプラスすれば、さらに素敵にお出かけチェックが出来るカッコいい玄関コーナーが出来上がります。引き出しの中に靴磨きなどはもちろん、ハンカチや靴下など毎日使うものを入れておけば忘れることナシ!


「自分しか使わないから・・・」と思いがちな場所にも収納は必要。収納するための家具「チェスト」を思い切ってレベルアップするだけで、朝、目覚めた時、なんだか楽しくなります。

ベッドの横に置いけば、収納場所として引き出しを使うのはもちろん、ベッドサイドチェストとしても大活躍。天板の上にテーブルランプや目覚まし、携帯置き場にすれば、必要だった収納家具がおシャレ感漂う寝室を作ってくれます。


ガラスキャビネット

英国のアンティーク家具にはいろんなガラスのキャビネットがありますが「トラディショナル」なスタイルのキャビネットはブックケースとして作られたものが多いです。
無垢材が使われている家具だけに、当時はとても貴重だった重い本を、しっかりと収納出来るように造られたオーク材のブックケースは、ガラス面にステンドグラスなどを使ったものが多く見つかるのも特長です。


もともと本を入れるためのブックケースとして造られたガラスのキャビネットは、本の重さに耐えれるように棚板が木製だったり、本の高さに合わせて棚板の位置が調整出来るようになっていたりと実力派です。

中に入れたものがカッコよく見えちゃうアンティークのガラス越しだとマンガまでカッコいい!


誰もが必ず持っている「大好きなもの」。日本だとスッキリと片付いて何もない部屋が素敵だと思われているから、見えない場所に置いておく方も多いけれど、キャビネットの中に入れてコレクションボードとして使ってましょう。

大好きなものを、よりステキにカッコよくステキに見せてくれます。


英国トラディショナルスタイルのガラスキャビネットは、チョコレート色で濃い茶色のものが多いから、中に入れた陶器の色が映えて見えるのも特長です。

色の濃い家具の中から浮かび上がって見えるボーンチャイナなどの白い食器が、なんだかさらに高級に魅せてくれます。

お客様用として押入れの中に片付けている食器たちを並べてみましょう。


必須アイテムをベースに3つのアイテムの家具だけで、それぞれのお部屋に合った重厚感漂う英国トラディショナルな世界観たっぷりのお部屋を作ってみましょう。

歴史と伝統の大人スタイル

ダイニングを作る必須アイテムはガラスのキャビネット。そこにトラディショナルスタイルの定番、ドローリーフテーブルをプラスします。

脚に施されたドッシリと重厚な彫りが、一気に英国らしい雰囲気漂う空間に。お揃いのデザインで椅子を合わせれば、ダイニングに統一感が出て、さらに重厚感漂うダイニングが出来上がります。

出来上がったダイニングテーブルの上に、シャンデリアを足してみましょう!

色は濃い色のダイニングテーブルにもよく似合う黒っぽいものがおススメ。シャンデリアをプラスすることで、さらに重厚な雰囲気を演出してくれます。


歴史と伝統の大人スタイル

収納が必要なリビングには、やはり収納重視の必須アイテムがおススメ。飾りたいものがある方にはガラスのキャビネットを使って本棚やコレクションボードとして使うことをおススメします。

ガッツリ収納したい方には、いろんなものを収納できる引き出しが付いたチェストがおススメですが、さらにもっと収納したい方におススメなのがサイドボード。ミラーが付いているものや彫がたっぷり入っているものなど、収納量&存在感たっぷりの使えるカッコイイ収納です。

どこにでも使える小さなオケージョナルテーブルは、リビングでも大活躍。特にソファの横がおススメです。

リビングにちょっとプラスして欲しいアイテムがテーブルランプ。オケージョナルテーブルの上に乗せて、ソファの横やサイドボードの上に置いてみましょう。

休日前の夜、いつも使っている電気を消して、テーブルランプだけの灯りの中で映画などを見て過ごすと、いつもと違う雰囲気で楽しめます。


歴史と伝統の大人スタイル

寝室の主役はやっぱりチェスト。お洋服を収納する場所として必須アイテムです。

英国アンティークのチェストは見た目がステキなので、収納家具として使うだけではなく、ベッドの横に置けばテーブルランプや目覚まし時計、携帯置き場としても活用できます。

寝室だからこそ、自分だけの時間が過ごせるパーソナルチェア&オケージョナルテーブルを置いてみましょう。英国の雰囲気を楽しめるチェアに座って寝る前の時間を楽しむひとときは夢の中でイギリス旅行が楽しめそう・・・

日本ではミラーを壁に掛ける習慣があまりないのですが、身支度を整えると言う意味ではもちろん、お部屋を広く見せてくれる効果もあるミラーをお部屋に足してみましょう。

チェストの上の壁に取り付けるだけでさらにオシャレ度がUPします。面倒な方にはチェストとミラーが一体になった家具ドレッシングチェストがおススメです。


歴史と伝統の大人スタイル

英国トラディショナルスタイルの家具を置くのにおススメのお部屋は…「和室」! どっしりとした濃い色の家具は、畳との相性がよく和室にピッタリなんです。

あまり使っていない和室があれば、ガラスのキャビネットを置いてみましょう。まるでテレビドラマに出てくるような大正ロマンのおシャレな雰囲気の和室が出来上がります。

畳の上に正座するのではなく、あえて背の高いオケージョナルテーブルと椅子を組み合わせて置いてみましょう。アイアンのシンプルなシャンデリアを組み合わせれば、 懐かしさを感じながらもオシャレ感たっぷりの和室が完成です。

和室をオシャレにしたい方には、フロアランプをプラスしてみましょう。和室の中で一番変えて見たい場所No.1は、実は照明器具。和室だけれど、シャンデリアに変えてみたいと言うご要望が圧倒的に多いんです。

でも、シャンデリアだけの明るさじゃ不安と言う方のためにも、フロアランプをプラスするだけで、今までと変わらない明るさでおシャレな和室を作ることが出来ます。


夜の楽しみが増えた気分

Handleからお送りしたいろんなアンティーク家具をお使いのNさま。一番最初にご購入頂いたアンティーク家具が英国スタイルのお花の彫が美しいブックケースでした。

「こんにちは。ハンドルさんのアンティーク家具、みんな我が家で活躍してくれていますよ。仕事の忙しさを言い訳に、また家具たちの画像を送っていませんでした。こんな感じで、すっかりなじんでいます。この中は……マトリョーシカのコレクションです」


心豊かに生きる糧

ダンディーでカッコいいお部屋の写真をいつもお送り頂いているHさま。
「最近購入したティーテーブル、リボルビングチェア、ペンダントライトで部屋の調度品の調達は終了しました。これらの家具で構成された自室における生活は、日頃のストレスを解消してくれて、心豊かに生きる糧となっています。

毎日の何気ない時間こそ、しっかりとした生き方の基本になります。この基本を補強する要素には、住環境の整備は欠かせません。」


ずっと使ってみたかった

ずっと使ってみたかったアンティーク家具がツイスト脚のドローリーフテーブル。いろんなスタイルのアンティークを使っている私にとって、テーブルは英国らしい定番スタイルのものを使ってみたかったんです。

3タイプの大きさで使えるドローリーフは、見た目はもちろん、実用的に使えて便利な実力派です。



【ご紹介したアイテム】
英国アンティークらしい重厚な雰囲気が好きな方におススメの「英国トラディショナル」スタイル。

濃いチョコレート色の家具が好きな方、ドッシリと落ち着いたお部屋作りを楽しみたい方はコチラです。
英国トラディショナルの商品一覧


商品一覧を見てみよう