160年以上受け継がれる英国伝統の製法、バーレイ社の陶器

究極のおもてなし バーレイ社テーブルウェア(食器)

豊かな土地と陶器に適した気候に恵まれたイギリス陶器のふるさと「ストークオントレント」で1851年に誕生したBurgess&Leigh社(バーレイ社)

創業してから160年以上の間、MADE IN ENGLANDにこだわり続け、昔ながらの手作業で作り続けています。

現在もなお職人たちが昔のままの手作りで陶磁器を作り続けています。


バーレイ社の陶磁器は一つの製品に、何人もの職人が携わります。 バーレイ社の陶磁器は一つの製品に、何人もの職人が携わります。
ポイント1原料の土から英国産
バーレイ社の陶磁器、土

MADE IN ENGLANDにこだわるバーレイ社の製品は、原料となる「土」からすべてが英国産。

陶器を製造するための石膏型はすべて自社工場内。素焼きの陶器を作り、スポンジで表面を滑らかにします。


ポイント2すべての絵柄は、手彫りで型を作ります
バーレイ社の陶磁器、プリント

銅版転写と呼ばれる技法で行う柄付け。まずは何種類ものニードルを使って銅版に手彫りで柄を刻みます。

1つの銅板が完成するのに6週間以上!出来上がった銅版にインクを塗って薄い半紙に柄を印刷します。


ポイント3マグ1個に約30分
バーレイ社の陶磁器

印刷されたロール紙が乾く前に、一つ一つ素焼きの陶器の形に合わせて貼り合わせて、絵画の要領でブラシでこすり柄を転写します。

プリントされた紙を立体の陶器に貼り付けるのが熟練の技術!マグ1個の貼付けに、なんと約30分もかかります。


ポイント4熟練した職人による高い技術
バーレイ社の陶磁器

たくさんの職人さんたちによって仕上げられるバーレイの陶器。

160年以上、ずっと変わらない工程で一つ一つ手作業で作られているほっこりとしたあたたかみの残る英国伝統の陶器をお家で楽しんでみませんか?



カジュアルな普段使いも◎フォーマルな食事会も◎ カジュアルな普段使いも◎フォーマルな食事会も◎
ブルーアジアティックフェザンツ

高麗キジと牡丹が描かれた「アジアティックフェザンツ」シリーズのブルー。
バーレイの中でも最もファンの多い代表的なパターンです。
ホワイトに淡いブルーの優しい雰囲気は、あなたのティータイムをより優雅な時間に変えてくれます。

→ブルーアジアティックフェザンツを一覧で見る


ピンクアジアティックフェザンツ

高麗キジと牡丹が描かれた、上品で優しい絵柄の “アジアティックフェザンツ” シリーズのピンクです。
1851年に製造されて以来、現在もファンの多い、バーレイの代表的なパターンです。
淡いピンクがとても可愛らしく、あたたかい雰囲気のシリーズです。

→ピンクアジアティックフェザンツを一覧で見る


プラムアジアティックフェザンツ

オリエンタルな東洋のイメージを連想させるアジアティックフェザンツのプラムシリーズ。
とても落ち着いた雰囲気で、ブルーやピンクにはない大人っぽい上品さがあります。

→プラムアジアティックフェザンツを一覧で見る


アーデン

英国の素朴な草花をモチーフにしたアーデン。
1880年代にデザインされた、サンザシの花を生き生きと描いたコバルトブルーのコントラストが印象的なパターンです。

→アーデンを一覧で見る


キャリコ

コントラストの強い色彩が人気のキャリコ。
バーレイのフェザンツに次ぐ代表的なデザインで、氷のうえに落ちたプルナス(桜の一種)をイメージしています。
長い冬を終え、春の始まりを感じさせる温かい花柄です。

→キャリコを一覧で見る


ブルーフェリシティ

ニワトコの木を思い出させる小花模様が散りばめられた、可愛らしいパターンのフェリシティ。

→フェリシティを一覧で見る


ブラックリーガルピーコック

「鳥の王を選ぶ東洋のおとぎ話」にでてくる優雅な孔雀を描いたシリーズ。

→ブラックリーガルピーコックを一覧で見る


ブルーウィロー

青と白で描かれた、悲しい恋物語。アンティークでも大人気の、世界中から愛されるウィローパターンをアレンジしたデザインです。

→ブルーウィローを一覧で見る





商品一覧を見てみよう

関連商品はこちら

この記事に関連するカテゴリ