テーブルと椅子のちょうどいい高さについて


みなさんはレストランで食事中に「何となく落ち着かないな~」「食事がしずらいな」など感じたことはないでしょうか?
実は、原因としてテーブルと椅子の高さが合ってない場合が多いんです!

私もたまに外食に行くとテーブルが高いのに椅子が低かったり、逆に椅子がテーブルに対して高すぎて座り心地が悪い時があるんです。

好みもあると思いますが、より心地のいい食事の時間を過ごすための、ちょうどいいテーブルとチェアの高さを今回、宮永がお話をします!
ついでにテーブル周りに必要なスペースのおはなしもしていきますので、最後まで読んでみてください。

スタッフ 宮永

1.テーブルとチェアの使いやすい高さは?

まずは基本。
テーブルの天板までの高さと、椅子の座面までの高さの差を「差尺」といいます。

何気なく使っているテーブルとチェアですが、実は使いやすい差尺は決まっています。

食事をとる時に、食べやすい姿勢になる差尺。実は目安になる計算式があるんです!

それが、「座高÷3-2cm」です。

ちなみに、座高は身長×0.55で計算できるので、
例えば、私の場合、身長が158cmなので、座高は158×0.55=86.9cmです。
なので、適正な差尺を計算すると、86.9÷3-2=27cmが適正な差尺になります。

ここまで細かく書いておいて何なのですが・・・
わざわざこんな風に計算しなくても、一般的に差尺は27cm~30cm程度がいいと言われています・・・が、この差尺は一般的な目安にしかすぎません。
ご家族の中でも身長はバラバラですし、好みもあるので、あくまでもご参考までに。



それでは、適切な差尺で座った場合を見てみましょう!

差尺が28cmの時に座るとこんな感じです。置いた手の位置や姿勢を見ると、食事や作業がしやすい高さです。



差尺が大きい場合は、手の位置が上に・・・

差尺が33cmの場合、差尺が大きいのでチェアの高さが低く腕を上げながら食事をする体制になってしまいます。
この姿勢だとテーブルの奥のものも取りにくいですよね。5cm違うだけで、こんなにも違うのかと驚きました!



差尺が小さいと、前かがみになっちゃいます

そして、差尺が小さく22cmの時です。

チェアの座面が高いので、顔からテーブルまでの距離が遠くなってしまいます。
この姿勢だと食事や作業をするとき前かがみになって、姿勢が悪くなります。

このように、テーブルとチェアには相性がいい高さがあります。
テーブルに合わせてチェアの脚カットをする方法などもありますので、心地よい高さを見つけて下さいね♪