ビンテージテーブルに似合う、おしゃれな椅子の選び方

北欧ビンテージテーブルに合わせる椅子のオシャレなコーディネート法 北欧ビンテージテーブルに合わせる椅子のオシャレなコーディネート法

スタッフアイコン

最近、インテリア雑誌でも特集を組まれるほど人気なのが、北欧スタイルのお部屋です。

特に、家族みんなでご飯を食べるダイニングルームに、ビンテージのダイニングテーブルを置いて、おしゃれなお部屋をコーディネートしたいと思っている方が増えています。

「ビンテージ」と呼ばれる1950~70年代に造られたテーブルは、デザインはもちろん、使われている木材の質もよく、機能性が高いものが多い所も魅力です。

今回は、クールな中にあたたかみが感じられる、北欧スタイルのヴィンテージテーブルの魅力と、椅子を組合わせてつくる、カッコいいダイニングのコーディネート方法についてお話します。

スタッフアイコン


北欧スタイルのビンテージテーブルとは
北欧スタイルのビンテージテーブル

まずは「北欧スタイルのビンテージテーブル」と呼ばれるテーブルについてカンタンに解説します。

そもそも「ビンテージ」とは、作られてから30年以上100年未満のものを言い、ヴィンテージテーブルとは1950~70年代にイギリスで造られたテーブルのことです。


ビンテージのダイニングテーブル

この時代、アンティークの本場イギリスでは、物資不足によりオーク材やマホガニー材、ウォールナット材などを使った英国らしい家具を造ることが禁止されます。

それに代わったのが、チーク材を使って大量生産が出来る、スウェーデンやノルウェー、フィンランドなどのシンプルでおしゃれなデザインの北欧家具です。

北欧らしいスマートなデザインの家具を、技術レベルが高い英国の家具職人が造ることで、デザイン力と技術力が合い重なった北欧スタイルのビンテージ家具が出来上がりました。


テーパードレッグ

北欧スタイルのビンテージテーブルの特徴は、大量に生産が出来るよう、デザインされた直線的なテーパードレッグ

ただ単に真っ直ぐなのではなく、足先に向かってだんだんと細くなったり、丸みを帯びたデザインになっていたりと、技術力の高い英国ならではのこだわりが感じられるデザインです。


エクステンションテーブルの構造

また、特に人気なのがエクステンションテーブルと呼ばれる伸長式のテーブル。

テーブルの天板を真ん中から左右に開いて、その間に天板を一枚足すことで大きさを変えて使える伸長式テーブルです。

中には、真ん中から出てきた天板をくるっと回転させて広げることで伸長することが出来るタイプもありますが、天板の間にピッタリはめ込める構造になるには、ミリ単位の調整が必要。

シンプルなデザインの中に、英国の家具職人の高度な技術がギュッと詰め込まれたテーブルです。


スタッフアイコン

英国の職人の技術力が光る北欧スタイルのダイニングテーブルは、デザインがシンプルなだけに、同じようなデザインの椅子以外、組み合わせ出来ないと感じている方も多いようです。

ここからは、3ステップでいろんなスタイルの椅子と組み合わせて、どんなダイニングルームになるか、コーディネート例をご紹介します。

スタッフアイコン

01.「お揃い」を合わせる 01.「お揃い」を合わせる
北欧ダイニングテーブルと北欧ビンテージチェアを合わせたダイニングルーム

まずは同じ年代に造られた、座面が貼り座になっているお揃いのビンテージチェアを組合わせてみましょう。

ビンテージテーブルが製造された1950~70年代になると、テーブルにお揃いの椅子をセットしたダイニングセットが販売されていました。

この年代に造られたビンテージチェアは、デザインもシンプルで、個性的なデザインのものが多いので、意外にどれを組合わせてもよく似合います。

スッキリとカッコいい、統一感のあるダイニングをコーディネートしたい方は、お揃いのビンテージチェアを複数脚、一緒に組合わせましょう。


ビンテージチェア×4脚
北欧ビンテージテーブルと北欧チェアを合わせたダイニングルーム

お揃いのデザインのビンテージチェアを複数脚集めて、ビンテージテーブルにセットすると、カッコいいダイニングルームが出来上がります。

こだわりが強い方は、お揃いのブランドのお揃いのシリーズを探し出して、組み合わせてみてはいかがでしょう?

北欧ビンテージチェア

座面に色をプラス
北欧ビンテージテーブルと北欧チェアを合わせたダイニングルーム

カッコよくなりすぎず、おしゃれなダイニングセットにしたい方は、座面に色をプラスしてみましょう。

北欧スタイルのお部屋には、ブルーやグリーン、グレーなどの色がとてもよく似合います。今回はあざやかなグリーン色の座面の椅子を組み合わせて、爽やかな雰囲気のダイニングに仕上げました。

北欧ビンテージチェア

いろんな色をプラス
オシャレな北欧ビンテージチェアを組み合わせたダイニングセット

同じデザインで背もたれも貼り生地になっている椅子を、バラバラの色で生地を張り替えて、いろんな色をプラスして組み合わせてみました。

形は全く同じでも、色が変わるだけでクールだったダイニングに、女性らしい可愛いらしさプラスされて、華やかな雰囲気になります。

北欧ビンテージチェア

違う色の椅子をプラス
オシャレな北欧ビンテージチェアを組み合わせたダイニングセット

ビンテージチェアは、大抵、チーク材で造られていますが、時々、ペイントされているものを見つけることがあります。

色が違っていても、この年代に造られた家具らしく、スッキリしたデザインなので、椅子の色がアクセントとなって、カッコいいダイニングルームになります。

北欧ビンテージチェア

スタッフアイコン

同じ年代に造られたビンテージスタイルの椅子をお揃いのデザインで複数脚、組み合わせるだけで、カッコいいダイニングルームをコーディネートすることが出来ます。

カッコよさにおしゃれさをプラスしたい方は、色を少しずつ足していくことがポイント。

座面や背もたれの貼り生地に色をプラスすることで、華やかでおしゃれな雰囲気のダイニングがコーディネートできるのでおススメです。

スタッフアイコン

【ご紹介したアイテム】

1950年代以降に作られた、北欧デザインのシンプルでおしゃれなビンテージチェア。専門の職人がしっかり修復した座って使えるヴィンテージ椅子をご紹介しています。




02.板座の椅子に合わせる 02.板座の椅子に合わせる
ビンテージテーブルとアーコールチェアを合わせたダイニング

ビンテージテーブルのデザインの基本は、シンプルなストレート脚なので、板座の椅子と組み合わせると、とてもよく似合います。

中でも同じ年代に造られた、ビンテージの曲げ木の椅子、アーコールチェアは、デザインもおしゃれでとても相性がよく、誰でもおしゃれなダイニングがコーディネート出来ます。

アーコールチェアには、いろんな背もたれのデザインがありますが、お揃いの背もたれでトータルコーディネートすれば、間違いありません。


違う色を組み合わせる
北欧ビンテージテーブルとアーコールチェアのダイニング

ちょっと雰囲気を変えたい方は、背もたれのデザインがお揃いで色が違うアーコールチェアを組合わせてみましょう。

同じ背もたれのデザインで統一感がありながら、色の違いによりメリハリが出て、おしゃれな雰囲気に仕上がります。

アーコールチェア

北欧のダイニングテーブルとアーコールの椅子

もう少しおしゃれな雰囲気を出したい方には、色だけではなく背もたれのデザインも違うアーコールチェアを合わせることをオススメします。

アーコールチェアは線がとても細く、足元は同じデザインなので、背もたれのデザインが違うものを組合わせても、とてもおしゃれに似合います。

さらに、色をプラスしたい方には、座面にいろんな色のクッションをプラスして華やかさを足してみましょう。

アーコールチェア

いろんな椅子を組み合わせる
いろんな板座の椅子を合わせたビンテージダイニングルーム

さらに個性的でおしゃれなダイニングにしたい方は、アンティークのいろんな板座の椅子を組合わせてみましょう。

ペイントされたベントウッドチェアやキッチンチェア、チャーチチェアなど、色も形もバラバラですが、テーブルがシンプルなだけに、それぞれの椅子の個性が映えるダイニングが出来上がります。

ウィンザーチェア、ベントウッドチェアの椅子

スタッフアイコン

ビンテージのテーブルはデザインがシンプルな分、背もたれのデザインが特徴的な板座のアンティークチェアを組み合わせることで、おしゃれなダイニングルームをコーディネートすることが出来ます。

好きなデザインの板座の椅子がある方は、どんなデザインのものでもビンテージテーブルとよく似合うのでおススメです。

スタッフアイコン

【ご紹介したアイテム】

英国の老舗家具メーカーERCOL(アーコール)社のシンプルなデザインが美しい椅子。専門の職人が修復したビンテージチェアをお届けしています。


【ご紹介したアイテム】

気軽に使えるウィンザーチェア。カラフルにペイントしたものも多く、お部屋の挿し色にもピッタリです。


【ご紹介したアイテム】

英国ビクトリア時代を代表する「曲げ木」の椅子。軽くて丈夫、おしゃれなデザインが多くカフェチェアとも呼ばれるアンティークの椅子をご紹介しています。


【ご紹介したアイテム】

教会で使われていたアンティークの椅子、チャーチチェア。チャペルチェアとも呼ばれる椅子は教会によっていろんなデザインのものが造られました。背もたれにポケットが付いているものもあります。




03.異なるスタイルと合わせる 03.異なるスタイルと合わせる
北欧ダイニングテーブルにフレンチダイニングチェアを合わせたお部屋のコーディネート

テーブルは天板と脚だけの家具なので、ストレート脚でシンプルなデザインの北欧スタイルのダイニングテーブルは、どんなデザインの椅子にも合います!

個性的なデザインの椅子には合わせづらいと思われる方も多いのですが、お揃いの椅子でコーディネートすれば、椅子のインテリアスタイル寄りのダイニングルームが出来上がります。

例えば、ビンテージテーブルに、脚の曲線ラインが優雅なフレンチチェアを組合わせることで、女性らしく華やかなフレンチスタイルのダイニングがコーディネート出来ます。


【ご紹介したアイテム】

フランスらしい優雅なデザインの椅子。女性らしい美しい足先のダイニングで使うアンティークの椅子を専門の職人がしっかり修復してお送りします。


+クイーンアンチェア
北欧ビンテージダイニングテーブルにクイーンアンチェアを合わせたお部屋

アン女王の時代に、初めて誕生した貼り座の椅子がクイーンアンチェア。

機能性を追求したシンプルなデザインの椅子は、同じくシンプルなデザインの北欧スタイルのテーブルによく似合います。

クイーンアンチェア

【ご紹介したアイテム】

アン女王時代に、見た目より使いやすさを考えてデザインされた椅子。カブリオールレッグで曲線枠と花瓶型の板の付いた背もたれ、クッションが付いたダイニング用として作られた初めての椅子です。


+ツイスト脚の椅子
北欧ビンテージテーブルにツイストレッグの英国チェアを合わせたダイニング

挽き物細工が印象的な、重厚感のあるツイスト脚の椅子を北欧スタイルのダイニングテーブルと組み合わせることで、椅子の挽き物細工がより際立つダイニングがコーディネート出来ます。

同じツイスト足のテーブルと合わせるのは、ちょっと重厚過ぎると思う方にオススメです。

ツイストデザインの椅子

【ご紹介したアイテム】

ツイストやバルボスレッグなど、凝った挽き物細工の足のデザインがおしゃれな、ダイニングで使うアンティークの椅子をご紹介しています。




スタッフアイコン

いかがでしたか?
北欧スタイルのビンテージテーブルは、デザインがスッキリとシンプルなだけに、どんな椅子と組み合わせても、とてもよく似合うことがお分かり頂けたと思います!

なので、極論を言えば、ビンテージのテーブルには、どんな椅子を組合わせても似合います!(笑)

それでも悩んでしまう方は、気になっている椅子をコーディネートしますので、スタイリングサービスをご利用ください。

ご購入頂いたテーブルに組み合わせて、写真を撮ってご紹介します。

スタッフアイコン

Handleのスタイリングサービス

Handleでご購入頂いた商品にはもれなくスタイリングサービスが付いています。ご購入頂いたアンティーク家具やシャンデリアを組み合わせると、どんな雰囲気になるのか実際にスタジオに並べてご案内します。



アンティーク家具Handle
(水野商品館 株式会社)

1903年創業

【店舗&倉庫】
〒910-0019 福井市春山2-9-13

【南青山オフィス】
〒107-0062 東京都港区南青山5-4-41

古物商 福井県公安委員会許可
第521010008980号

関連商品はこちら

この記事に関連するカテゴリ