アンティーク家具のお手入れの仕方について

アンティーク家具ってなんだか特別感があるみたいで、
「お手入れ方法ってどうするの?」
「普通の家具と違って難しそう・・・」

お客さまから質問を頂くことがあります。

今日は橋田がそんなアンティーク家具のお手入れ方法をご紹介します!

スタッフ 橋田

毎日のお手入れは乾拭きで大丈夫です!

アンティークであっても家具は家具なので、基本的な大手入れは普通の家具と同じです。
なので、毎日のお手入れは乾拭きもしくは固く絞ったタオルなどで拭くだけです!

テーブル・デスクのお手入れ

普段のお手入れは乾拭き、水ぶきで大丈夫です。
ただし、アルコールを使った拭き取り材は表面のワックスを剥がすことがありますので、使わないで下さい。



チェアのお手入れ

椅子も普段のお手入れは乾拭きで大丈夫です。
布の座面や背もたれと座面の接続部分にたまった埃などが気になるときは掃除機などで、すってあげてください。

また、ハンドルからお届けする際には足元にフェルトを張ってお届けしていますが、使っていると剥がれたり、へたったりしてきます。
そんな時はホームセンターさんなどでも販売している家具用のフェルトを新しく貼って使ってください。



サイドボードやチェストのお手入れ

物を収納しておく家具であるチェストやサイドボードなども基本的には毎日のお手入れは天板などを乾拭きしていただくだけで大丈夫です。

特に気になる汚れがついた時などは固く絞ったタオルで水ぶきして下さいね。
扉の中引き出しの中も乾拭きで大丈夫です。

また、引出しは湿気には敏感なので、梅雨の時期や積雪の多い地域などでは出来れば定期的に開け閉めして通気をしてあげてください。



キズや汚れもどんどん素敵にしてくれるのがアンティーク家具の魅力

特別な家具だから大切にしたい・・・という想いできれいに丁寧に使っていただくこともとっても素敵なことですが、私たちは毎日使える家具をという想いでアンティーク家具をお届けしています。

だから、基本的には普通の家具と全く同じで、簡単なお手入れだけで全然大丈夫です。
なのでどんどん使い込んでいただいて、素敵な風合いを出していって下さい!

アイテム別アンティークのお手入れ方法

キャビネット

アンティークのキャビネットのお手入れ方法

扉やガラス扉が付いたキャビネットのお手入れ方法についてです。
チェスト2

アンティークのチェスト・整理タンスのお手入れ方法

引き出し付きの家具(整理ダンス)の中は、乾拭きでOK。
アンティークワードローブ

ワードローブ・ホールスタンドのお手入れの方法

背の高い大きな家具をお手入れする時には、脚立を使いましょう。
アンティークチェア

アンティークチェアのお手入れ方法

布座面、板座面、革張りなど座面のタイプ別にお話しします。
ダイニングテーブル

ダイニングテーブルのお手入れ方法

毎日一番使う場所だから、こんな感じでお手入れしましょう。
デスク

デスク・コンソールテーブルのお手入れの方法

アンティークと言えどもお手入れは普通のデスクと同じです。
照明器具

照明器具のお手入れ方法について

日本と違って、いろんな種類の照明器具があります。