ロイドルームとは


ロイドルーム
  • 01.ロイドルームとは
  • 02.使い方あれこれ
  • 03.商品一覧へ

ロイドルームのおはなし
ロイドルームとは見出し

ロイドルームの誕生は、今から約100年前。
ラタン(籐)に変わる画期的な家具として、1917年にアメリカ人のMarshall Burns Lloyd(マーシャル・バーンズ・ロイド)が、開発したものです。

一見ラタン(籐)のように見えルロイドルームですが、実は紙!
防水・防錆加工を施して折れたりヒビが入らないように工夫したスチールのワイヤーに、特殊なクラフト(紙)を巻きつけて織った家具。それがロイドルームです。

ロイドルームとは画像1
ロイドルームとは画像2

籐の家具のような、しなやかさと美しさを持ちながら、籐では表現出来ない優雅なデザインを作れることがロイドルームの特長。

さらに、湿気にも強く、ささくれやきしみ、反りなどによる変形もないので、当時は画期的な新しい時代の家具として迎えられました。


その後、1922年に英国でロイドルームが製造販売されるようになりましたが、当時のイギリスではヴィクトリアン様式のインテリアが主流。
伝統や品格を重んじる英国で、ワイヤーに紙を巻きつけて作られたロイドルームが受け入れてもらえるように、家具のデザインを英国ヴィクトリアン様式でエレガントに仕上げたことで、ロイドルームは英国のみならず、世界中で知られるようになりました。

ロイドルームとは画像3

そんなロイドルームは湿気に強いため、もともとはガーデニング用の家具として使われていましたが、しなやかな掛け心地が次第に認められていき、人々が憧れるウィンブルドンのロイヤルシートや、豪華客船の甲板デッキで使うリラックスチェア、飛行船や鉄道会社London and North East Railwayのホテル全館など、一般の家庭以外でも幅広く使われるようになりました。

そんなロイドルームは、100年前から今までずっと作り続けられている家具です。
1930年代には400種類以上もの商品が作られたこともあり、アンティークとしてめずらしい形のものが見つかることも。
誕生から約100年経った今でも、アンティークとして実用的に使えることが、ロイドルームの頑丈さを証明しています。



ロイドルームのおはなし
使い方あれこれ見出し
使い方あれこれ朝1

しなやかな掛け心地のロイドルームチェアに座って迎える朝食の時間。
まるでリゾートホテルでゆったりと朝ごはん・・・そんなダイニングをロイドルームで作ってみませんか?

使い方あれこれ朝2

ダイニングチェアはもちろん、デスクチェアにもおススメ。
どんな形のテーブルにも似合うデザインは、相性よく馴染んでくれます。

使い方あれこれ朝3 使い方あれこれ朝4

椅子だけでも形はいろいろ。
いろんな場所で、自分流の使い方で楽しめます。


使い方あれこれ昼1

カラフルな色のロイドルームを置けば、お部屋の挿し色にも
雰囲気がパッと華やかになって、毎日の生活に彩りを添えてくれます。

使い方あれこれ昼2

ボックスタイプは、サイドテーブルにもピッタリ。
ソファの横に置いて上にはお茶を。中にはブラケットを・・・

使い方あれこれ昼3 使い方あれこれ昼4

大きなボックスはベンチになっちゃう優れもの。
湿気に強いのでテラスで使うことも出来ます。


使い方あれこれ夜1

ゆったりと包み込んでくれる、しなやかな掛け心地のイスとともに過ごす、一日の終わり・・・
パーソナルチェアとして、自分だけの時間を贅沢に過ごしてみませんか?

使い方あれこれ夜2

一日の疲れを、自分の至福の場所で過ごす・・・そんな贅沢な時間をお届けします。
寝室で、リビングで、書斎で・・・自分専用の場所で、自分だけの時間を楽しんでみましょう。

使い方あれこれ夜3 使い方あれこれ夜4

北欧スタイルのシンプルなお部屋にも似合います。
大きなボックスをソファの前に置けば便利なセンターテーブルに早変わり。

ロイドルーム商品一覧へ戻る