ドアノブとは


買い付けに行ったときに何個買ってきてもすぐに売切れてしまうドアノブ。
今回は思いっきりいろんなものを買ってきました!
今までにないくらい、いろんな種類があるので、今だけ選び放題です。

ドアノブって、毎日必ず何度も使っている働き者。
そんなドアノブをオシャレにしてあげるだけでなんだか日々の生活がウキウキしてしまうんです。

新築やリフォームの際、ドアにこだわる方も多くなってきました。

日本の既製のドアは、ほとんどが木ではなく木目風のものが多いのに対して、海外のもの、特にアンティークは本物の木で作られたドアで質感がいいので、求められる方も多いです。

ドアの取り付け方、ドアノブの選び方など参考にして、自分だけのドアを選んでみてください。

ラッチについて

ラッチの絵
ドア枠とドアをロックする止め金のことで、ドアノブを回すとロックが外れてドアが開くようになります。
芯棒を入れる部分があるので、そこにドアノブの心棒を入れて回すとロックする部分が動きます。

ラッチについて1
●バックセット→バックセットとは、ドアの端から芯棒の中心までの距離のことを言います。
Handleのドアノブにはバックセットの距離を記載してありますので、参考にして下さい。

●芯棒を入れる部分→ドアノブとラッチが別売りのものを購入される場合、芯棒の太さとラッチが合わない場合がありますので、特にご注意下さい。

線

ドアノブをつける時の注意点
バックセット(ドアの端から芯棒の中心までの距離)にご注意下さい。

ドアノブは左右どちらにも回せます。
ドアノブの場合、ドアの端からドアノブまでの距離が短いと、
ドア枠とドアの間で手を挟んでしまう恐れがあります。

ドアノブをつける時の注意点1
目安としてはドアノブの場合、ドアの端からドアノブの中心まで50mm以上は必要になります。
この距離はラッチ(空錠)によって決まります。

線

ドアハンドルをつける時の注意点
ドアハンドルは下に下ろして開け閉めをします。ドアハンドルの場合は、持ち手が内側にあるので、距離の問題は特にありません。

ドアハンドルをつける時の注意点1
この距離はラッチ(空錠)によって決まります。

>>ドアハンドルについてお気軽にお問い合わせください。

線

ラッチの注意点
ラッチ(空錠)はそのままでドアノブのみを変える場合の注意点です。
空錠(ラッチ)にある芯棒を差し込む穴と芯棒の太さがぴったり合うかが重要です。mm単位で正確に測りましょう。日本製と海外製では太さが違います。
(例・イギリス製は日本製より1mm小さいことが多いです)

ラッチの注意点1
また、日本製でも、太さがいろいろあります。
これがしっかり合わないと、中で芯棒が空回りしてしまってドアの開け閉めがスムーズに行えません。




ドアノブ&ドアハンドル