英国生まれの小人のお家「リリパットレーン」

水野友紀子
水野 友紀子

リリパットレーン(Lilliput Lane)

リリパットレーン

イギリスに行った時、私の楽しみの一つが建物を見ること。

「どんな人が暮らしているのかな?」と思わず中をのぞきたくなっちゃうような、英国らしい可愛いお家は、見ているだけでワクワクするんです。

そんな素敵なお家を、ドラえもんのスモールライトでミニチュアサイズに小さくしたような置物。それがリリパットレーン(Liliput Lane)です。

初めてリリパット・レーンを見つけた時「ミニチュアハウスには興味はない!」と見向きもしなかった私ですが、たまたまリリパット・レーン専門の担当の方に話を聞く機会があって・・・感動☆

これから先、見つける度に気に入ったものを一つずつ集めようと心に決めました(笑)

1982年に設立されたリリパットレーンとは、創業者のディビッド・テート(David Tate)が「英国の古い建物を世界中に広めよう!」と、英国に実在する古い建物をモデルにリアルに再現した、手作りのミニチュアハウスのこと。

ロンドン塔やタワーブリッジなどの有名な建物も造られていますが、どちらかと言うとコッツォルズのはちみつ色のお家やコテージ、英国らしいレンガ造りの建物、茅葺屋根のお家などなど、実際にイギリスに行った時に目にする身近な建物の方が人気です。

というのも、じっくり見てみると、実に精巧!仕事が細かい!・・・いや、細かすぎる~(笑)

屋根の瓦や窓はもちろん、建物の周りには植物や木、英国らしい薔薇が咲いていたり、時にはワインが入っていた木箱やポスト、時にはボートなどなどリアル感がハンパないんです。

この細かさを表現するために、一つの型から作りだすのは多くても10個以内。しかも、屋根瓦やレンガ壁などは、ピンセットで一つ一つ手作業で貼り付ける徹底ぶりで造られた、建物をそのまま小さくしたミニチュアハウスがリリパットレーンの一番の魅力☆

建物の色も、実はペインターさんが手作業で一つ一つ着色したもの!(驚)手作業でペイントするのは大変過ぎるから?なのか、ペイントされていない状態のものが販売されていた時期もありました。

自分で好きな色にペイントできると喜んで購入された方も多いようですが、実際はかなり大変!

かなり前の話になりますが、英国からリリパットレーンのペインターさんが日本に来られた時には、その細かいペイント技術を見るために、大行列が出来ていたようです。

そんなリリパットレーンは、2016年に製造が中止され、翌年にオーナーが亡くなってしまったことで工場が閉鎖。新しいものは作られる手に入らなくなってしまいました・・・(涙)

精巧すぎる作りのため、欠けているものも多いんですが、数量を限定で製作されたデザインも多く、貴重なコレクターズアイテムとして世界中で人気!ジオラマを作るコレクターも多くて、世界中にコレクターズクラブが設立されています。

ちなみに、リリパットレーンの名前は、ガリバー旅行記に出てくる小人の国「リリパット」から付けられたもの!まさにガリバー気分が楽しめる可愛い英国のお家は100年後には間違いなくアンティークとして大切にされている逸材だと思います。



【ご紹介したアイテム】

英国の古い建物をリアルに再現した職人が造ったミニチュアハウス「リリパットレーン」



水野友紀子

水野 友紀子

空間スタイリスト。
アンティークショップHandleバイヤー。

大学で小さい頃から好きだった化学実験が出来る薬学を専攻。薬剤師となり、製薬会社で研究職に就く。 結婚を機に、休日は嫁ぎ先の老舗家具屋の手伝いをすることに。
家具のことを学びながら、そこで得た知識と固定観念にとらわれない主婦目線での女性らしい提案が、お客様に喜んでもらえることが嬉しくなり、薬の研究を辞め、インテリアの研究に没頭することを決める。
アンティーク家具に出会い、それまで知らなかった世界に感動。 家具やインテリアに対して伝えたいことや、自らが買い付けてきたアンティークに対する想いを「買い付けうらばなし」や「まいにちハンドル」に綴り、日々配信中。

アンティーク家具Handle
(水野商品館 株式会社)

1903年創業

【店舗&倉庫】
〒910-0019 福井市春山2-9-13

【南青山オフィス】
〒107-0062 東京都港区南青山5-4-41

古物商 福井県公安委員会許可
第521010008980号



記事をシェアする

この記事に関連するカテゴリ