北欧スタイルのシンプルデザインG-PLANのドレッサー

水野友紀子
水野 友紀子

私が初めてこのシンプルなスタイルのドレッシングチェストを見たのは・・・なんと、お洋服屋さん。
なんだか素敵な什器があるな~と思って覗いてみたら、この絵に描いたものと同じドレッシングチェストでした。

もちろん、ドレッサーとして使われていたわけではなく、天板にお洋服、引き出しにアクセサリーが並べられていて、どれもこれもがすっごく素敵に見えたんです。

その時、あまりにお店に馴染んでいたから、気づかなかったんだけれど、「どこかで見たことあるデザイン?」って思って、よく見てみたら、まさに、このデザインのG-PLANのドレッシングチェストでした。

それまでは北欧スタイルの家具って、シンプルなものにしか似合わないって思っていたのですが、女性のお洋服屋さんにもすんなり溶け込むんだって思ったら、無性に欲しくなっちゃって、それからは買い付けの度に、このタイプのドレッサーを探すようにしています。

男らしいデザインなんだけれど、女性らしくてなんだか温かい一面を兼ね備えている。
そんなG-PLANのドレッシングチェストは、ドレッサーとしてはもちろん、天板が広いからデスクとして使っても便利。実は全く同じデザインで、デスクもあるのですが、個人的には横に長いミラーが付いていた方がなんだか得した気分になるのでおススメ(笑)

もちろん、このドレッサーがあったステキなお洋服屋さんで、つい、いろいろ買ってきてしまったのは言うまでもありません。

→アンティークドレッシングチェストの商品一覧はコチラから




水野友紀子

水野 友紀子

空間スタイリスト。
アンティークショップHandleバイヤー。

大学で小さい頃から好きだった化学実験が出来る薬学を専攻。薬剤師となり、製薬会社で研究職に就く。 結婚を機に、休日は嫁ぎ先の老舗家具屋の手伝いをすることに。
家具のことを学びながら、そこで得た知識と固定観念にとらわれない主婦目線での女性らしい提案が、お客様に喜んでもらえることが嬉しくなり、薬の研究を辞め、インテリアの研究に没頭することを決める。
アンティーク家具に出会い、それまで知らなかった世界に感動。 家具やインテリアに対して伝えたいことや、自らが買い付けてきたアンティークに対する想いを「買い付けうらばなし」や「まいにちハンドル」に綴り、日々配信中。

アンティーク家具Handle
(水野商品館 株式会社)
1903年創業

【店舗&倉庫】
〒910-0019 福井市春山2-9-13

【南青山オフィス】
〒107-0062 東京都港区南青山5-4-41

古物商 福井県公安委員会許可
第521010008980号

関連商品はこちら



記事をシェアする

この記事に関連するカテゴリ