ウィンザーチェアを使って、おしゃれなお部屋のコーディネートを楽しもう!

橋田 絵美
橋田 絵美

わたしのお気に入り


アンティークのキッチンチェア

私がお気に入りのアンティークの椅子は、ウィンザーチェアキッチンチェアと呼ばれている、作業用としてキッチンなどで使われてきたアンティークの椅子です。

ウィンザーチェアとは、17~18世紀の初めに作業用のために造られた実用的なカントリーチェアのことで、長い棒を使った背もたれの部分が、ロンドン西郊にある都市、ウィンザー地方で造られていたことから、ウィンザーチェアと呼ばれるようになりました。

普通、家具や椅子は上流階級が使っているものを、庶民が真似したものがほとんどですが、ウィンザーチェアは逆で、地方の庶民的な民芸家具として造られたものが、とても頑丈でデザインも美しく、座り心地も良かったため、上流階級の人たちも使うようになっていった椅子です。



キッチンで使える丈夫な椅子

座面も耐久性がある木製で、座りやすい彫が入っていたので、キッチンでダイニング用に使われることも多くなったウィンザーチェアは、キッチンチェアとも呼ばれるようになりました。

見た目は可愛いんですが、実物はドッシリと重厚で、とても耐久性がある造りが特徴だったので、アメリカにも輸出され大流行!そのうち、世界中で愛されるようになった椅子です。

いろんな形がありますが、背棒を差し込む構造になっている背もたれ、構造座繰りがしてある板座の座面。挽き物細工の足がウィンザーチェアの特徴です。



修理するたび塗り替えられた色

ペイントが可愛いアンティークチェア

アンティークのキッチンチェアの一番の特徴は、何と言っても可愛い色!白やイエロー、ブルーにピンクなど、イギリスらしいおしゃれな色でペイントされているものが多いんです。

実は、この色も、壊れても直しながら、ずっとモノを大切に使い続ける、イギリスの人らしさの現れです。

壊れた際は、自分たちで修理をするんですが、修理した部分が目立たないようにするためにペイントされたので、この色は、いわば、生活の知恵。

修理をした部分を、ペイントして目立たないようにし、さらに汚れたら好きな色を塗って、気分転換したいときに色を変えて・・・

と言う感じで、何度も塗り直しを行いながら、使い続けてきたことで、何層にも重ねた色が、世界にたった一つしかない色のアンティークの椅子、ウィンザーチェアを作り上げています。 アンティークウィンザーチェア 年月を重ねたことで、何層にも重なった色が、ちょっぴり色が剥げたり、傷がついて木肌がのぞいたり・・・とアンティークの椅子らしい風合いが何よりの魅力!

同じような色でも、少しずつ色が違うので、いろんな色を重ねたことで出来上がった、アンティークの椅子は、お部屋の挿し色にもオススメです。 挽物で作られた脚が美しいウィンザーチェア また、ウィンザーチェアは足のデザインにも注目!

足のデザインをよく見ると、どれもこだわったデザインの挽き物細工で造られていることがよく分かります。

一本、一本の足をロクロで挽いて造る挽き物細工の足は、手間と時間がかかるんですが、その分、ほっこりしたぬくもりが漂います。

脚のデザインだけじゃなく、背もたれのデザインにも注目! 背もたれが可愛いウィンザーチェア

フィドルバックチェアと呼ばれている、このちょっと変わった形の背もたれは、弦楽器のフィドル=バイオリンをモチーフにしてデザインされているんです。

そう思いながら見てみると、名前の通り、バイオリンに見える~!特に、私はこの子の後ろ姿が大好きでついついうっとり眺めてしまいます(笑)

こんな風に歴史を重ねていく中で何度も塗り直しして使われてきたアンティークの椅子、ウィンザーチェアやキッチンチェア。

さらにこの上から自分の好きな色を塗って新しい歴史を重ねていって欲しいな・・・と思っています。

【ご紹介したアイテム】

木製やペイントしたカラフルで可愛いデザインのウィンザーチェアです。お部屋のオシャレなインテリアとしてもおススメのアイテムです。



ここからは、アンティークのウィンザーチェアを使った、お部屋のコーディネートを中心に、使い方をご紹介します。

チャーチチェアと白い椅子

キッチンチェアとフィドルバックチェアを並べたダイニング。背もたれのデザインがどちらもおしゃれ!

色も形も全く違いますが、一緒に組み合わせることでお互いの個性を尊重している感じで、おしゃれなダイニングがコーディネート出来ます。

ウィンザーチェアを使ったオシャレなリビング

ブルーグリーン色のウィンザーチェアを、ライティングビューローと組み合わせたリビング。

北欧スタイルのシンプルなビンテージ家具には、寒色系のブルーやグリーン、グレーにイエローの椅子を置くと、カッコよくコーディネート出来ます。

同じくブルーのソファを置いて、テーマカラーを統一することで、おしゃれでカッコいいお部屋が完成しました。

カラフルなウィンザーチェアを使ったオシャレなダイニング

思い切って、いろんな色のアンティークチェアを組合わせたナチュラルスタイルのダイニングをコーディネートしてみました。

色も形も全く違うんですが、同じ雰囲気のキッチンチェアを使うことで不思議とお部屋の中に統一感が出て、まるで椅子が主役のようなオシャレなダイニングが完成します。

似合うかな?と心配する前に、いろんな色を組み合わせることで、お部屋の中がパッと明るくなるので、チャレンジしてみて下さい。

英国のアンティークの椅子、パステルカラーの木製キッチンチェア

落ち着いた英国アンティークのドローリーフテーブルに、カラフルな色のキッチンチェアを組合わせてダイニングをコーディネートしてみました。

今回は、椅子の色のトーンをよく似たブルー系に統一して、背もたれの形もウィンザーチェアで揃えてみました。

ダイニングテーブルと椅子はセットでお揃いのデザインを!と思われがちですが、こんな風にいろんな色の椅子と組み合わせることで、個性的なお部屋が出来上がります。

いかがでしたか?
こんな風に歴史を重ねていく中で、何度も塗り直ししながら大切に使われてきたウィンザーチェアは、初めてアンティーク家具にチャレンジする方でも気軽に楽しめます。

さらに上から自分の好きな色を塗って新しい歴史を重ねていける、アンティークの椅子、ウィンザーチェアと素敵なお部屋作りを楽しんでみませんか?



【ご紹介した商品】

木製やペイントしたカラフルで可愛いデザインのウィンザーチェアです。お部屋のオシャレなインテリアとしてもおススメのアイテムです。


上流階級も認めたウィンザーチェアの魅力とは

素朴で丈夫!機能的なウィンザーチェアについて、詳しくお話します。



  • Instagram
  • LINE
  • メルマガ
橋田 絵美

橋田 絵美

アンティークショップHandleチーフ

調べることが好きな性格を活かし、イギリスやフランスの歴史、インテリアや家具に関することはもちろん、おしゃれなカフェや美味しいレストランなど、幅広い情報を調べあげることが得意。
自分が知らなかったことや、新しく知った情報を分かりやすく伝えることを念頭に、日々、執筆活動を行う。

アンティーク家具Handle
(水野商品館 株式会社)

1903年創業

【店舗&倉庫】
〒910-0019 福井市春山2-9-13

【南青山オフィス】
〒107-0062 東京都港区南青山5-4-41

古物商 福井県公安委員会許可
第521010008980号

関連商品はこちら



記事をシェアする

この記事に関連するカテゴリ