アンティークのチェスト


チェスト-TOP
チェスト(Chest)とは、正確には「Chest of drawers」。
引き出しの付いた収納家具のことで、日本で言う「整理ダンス」です。
一言で整理ダンスと言っても、日本にもいろんな形のものがあるように、アンティークのチェストも、形や大きさ、デザインも様々。 だけど、どれも引き出しが付いていて、中に収納すると言うのはどれも共通で、家具の中では一番便利に使える家具なのかもしれません。

アンティーク家具でも、今の家具でもチェストの使い方は今も昔も同じ。引き出しの中に収納すると言う家具なのですが、アンティーク家具は現代のものより、いい素材のものを使って作られているものが多いので、きちんと修復してあげれば、ずっと使い続けることが出来ます。
その分、修復作業に時間が一番かかるのもチェスト。天板や側板はもちろん、引き出し部分の箱もすべて直すので、手間がかかるんです。

そんなチェストは、お部屋の必須アイテムなんだけれど、最近は作り付けの収納も多くなっていて、プラスチック製のものに入れて隠してしまっている方や、日本製のチェストだと素敵なデザインのものが少なくって、つい”隠す収納”をしてしまいがちだけど、雑誌や洋書を見ていても、やっぱり素敵だなって思えるお家には、いつも素敵なチェストが置かれていているんです。

アンティークの素敵なチェストなら、みんなに見てもらいたくなるくらい!どこに置いても、どんな場所でも実用的に使えて見栄えもよく一石二鳥です。

絶対に飽きることなく、ずーっと長く使えるデザインなので、いいものを長く使いたいと思って頂ける方に、ぜひ、使ってもらいたいな・・・
>> チェストの商品一覧を見に行く