こちらでご紹介するのは、ミラーを壁に取り付ける方法です。

下地材の探し方や石膏ボード用のアンカーを正しく理解できれば、ミラーの取り付けはとっても簡単!あっという間にできてしまいます。

洗面やトイレはもちろん、玄関やリビングにも取り付けて、お部屋を彩ってみましょう。

早速、やってみよう!
[ 用意するもの ]
1. 電動ドライバー
(なければ普通のドライバー)
2. マスキングテープ
3. シャープペン または、鉛筆
4. お好みの壁掛けミラー
5. ビス
まずは、壁の中にある下地材を探します。下地材の探し方はコチラです。

ドライバーを使って、ミラーを引っ掛けるためのビスを打ち込みます。
しっかりとビスが打ち込まれていることを確認してから、ミラーを引っ掛けます。
アンティークミラーや大きいサイズのミラーは、重量があります。
下地材を使ってきちんとビスを固定するか、ビスを打ち込む本数を増やしましょう。
その他の簡単な方法をご紹介します。
最近の量販店には、下地材がない壁に取り付ける際の金具や器具がたくさん並んでいます。
Handleでは、エックスフックを使った取り付け方をお勧めしています。
押しピンを差し込むようにエックス字になったピンを打ち込みます。
手でグッと押し込んだあと、ハンマーでしっかりと打ち込みましょう。

ムズカシイ・・・と思われがちな壁掛けのミラー。取り付けの際のコツを掴めば、どこだって簡単に取り付けができます。

大きな穴を空けられないマンションやアパート住まいの方もエックスフックを使って壁を彩るインテリアを楽しんでみてくださいね。



商品一覧