ドアノブの簡単な取り付け方、10分で完成!女性もカンタンDIY

中嶋美幸
中嶋 美幸


女性もカンタンDIY!

ドアノブを変えてみましょう!


リビング、サニタリーやトイレ、自分の部屋など、毎日さりげなく、でも必ず使うドア。

そんなドアを自分好みのドアノブに付け替えて、
いつものドアを素敵にドレスアップしてみませんか?

「そもそもドアノブって変えることができるの??」
「ドアノブを付け替えるなんて難しそう・・・」
と思われている方も多いのではないでしょうか?

でも大丈夫!
通常のラッチを使っているものであれば、意外と簡単に付け替えることができちゃいます!
いつものドアを簡単・手軽に可愛く変身させる方法を私、中嶋がご紹介します。


では早速やってみましょう!

簡単とはいっても本当に大丈夫??と心配な方は、一度ドアノブを解体してイメージトレーニングしてみるのもおススメです!

今回は、このドアのドアノブを変えてみます!



用意するもの

1. 電動ドライバー
(なければ普通のドライバー)
2. お好みのドアノブ、ハンドル
(その他、ビスなどの細かい部品はセットで付いてきます)

3. 部品を入れておくトレイ
(細かい部品などがあるのでその部品を入れておくのにおススメです)
→今回使用したドアノブはコチラ

ドアノブ1


まず、元々ついているドアノブを外します。

ドアノブ2

ドアノブをよく見てみると、ノブの付け根の部分に、小さなネジがついています。このネジを外します。



次に台座の部分を外していきます。

ドアノブ3

大体ネジが三か所くらいついているので、クルクルまわしてネジを外していきます。



ドアノブを外します。

ドアノブ4

そうすると中から芯棒がでてくるので、ここに新しいノブをはめ込みます。



新しい台座を取り付けます。

ドアノブ5

台座を芯棒に通し、付属していたビスで固定していきます。



芯棒にノブを通します。

ドアノブ6

両側からはめ込んで、芯棒が同じように出るよう、均等な位置になるように取り付けましょう。
※その時、必ず、ちゃんとラッチ部分がカチャカチャと回るかどうかを確認してくださいね。



最後に固定していきます。

ドアノブ7

ノブを通したら、付属のL型六角レンチを使って、固定していきます。しっかりとネジを締めれば完成です。



完成です!

ドアノブ

作業時間はなんとたった20分!ドアノブの取り付けと聞くだけどなんだか難しそうで手が出せないという方もドアノブの交換だけだったら、意外と誰でもこんなに簡単に付け替えることができちゃいます。

ドアノブが変わるだけで、なんだか新しく生まれ変わった部屋に入るような気分になってウキウキワクワクしちゃいますよ。
ぜひ気軽にチャレンジしてみてくださいね。
ドアノブだけじゃなく、ドアもオシャレにチェンジしてみませんか?
アンティークのドアはコチラからご覧ください。



中嶋美幸

中嶋 美幸

アンティークショップHandle編集ライター

短大で生活デザインを学び、そこで得た住宅の内装や家具の知識をもとに、Handleでお客様担当係を長く務める。
結婚を機に、愛知県に移住。現在、在宅スタッフとして、2人の子育てをしながら、リモートでHandleの編集ライターとして、アンティークに関する知識を中心に執筆中。

アンティーク家具Handle
(水野商品館 株式会社)

1903年創業

【店舗&倉庫】
〒910-0019 福井市春山2-9-13

【南青山オフィス】
〒107-0062 東京都港区南青山5-4-41

古物商 福井県公安委員会許可
第521010008980号

関連商品はこちら



記事をシェアする

この記事に関連するカテゴリ