よくある質問


棚・ミラー・フックについて

棚板が長い場合、棚受けは何個必要ですか?

棚受けは、きちんと施工してあれば、数が少なくても重さには十分耐えれるのですが、
上に乗せるものの重量でも違います。

上に乗せるものがあまり重くない場合は180cmまで2本で耐えられる場合もありますが、上に乗せるものが重い場合や、棚板の厚みが薄い場合、棚板の真ん中がたわむ場合があります。
たわみが気になる方は、予め多めに棚受けを付けるようにして下さい。

こちらでは判断が出来ませんので、気になるようであれば、施工される業者さんにご相談下さい。

棚板は奥行きがどれくらいのものがいいでしょうか?

選ばれる棚受けの奥行きに合わせて下さい。

選ばれた棚受けの奥行きより、少々大きくてもカッコよく仕上がりますし、
小さくても、少し棚受けが出るような形で収めてもらえれば素敵です。

棚受けより棚板があまりにも大きい場合のみ、
前の方に置いたものの重量に耐えれない場合があるのでおススメできません。

HP以外のサイズの棚板をオーダーすることは出来ますか?

申し訳ございませんが、HPに記載されている以外のサイズの棚板のオーダーは行っておりません。
ご了承下さい。

同じ商品をたくさん数が欲しいのですが、在庫はありますか?

在庫の数に関しては、HP上の在庫の数が一番正確です。
まずHP上の在庫の数をチェックしてみて下さい。

HPに記載してある数よりもたくさんの数の購入を希望される方は、
お電話かメール、もしくは商品ページにある再入荷お知らせメールの方から、必要な個数を記載の上、ご連絡下さい。

可能なものに関しては、必要な数を準備します。

ミラー、棚受け、フックなどを壁に付ける場合、どれくらいの重さに耐えられますか?

ミラーや棚受けに関しては、商品そのものが重さに耐えるというより、
打ち込んだ壁面の強度によって耐荷重量が決まります。

まずは、取り付けたい壁面の中がどうなっているかを確認しましょう。もしわからない場合は、お家を建てた時の工務店さんやハウスメーカーさんに確認して下さい。

一般的に、木造在来工法であれば、胴縁という板が壁の中に入っていますので、
そこにしっかりと長いビスを打ち込んで頂ければ、ある程度の耐荷重量(目安として30kg程度)は大丈夫です。
壁がコンパネ(12mm)のある場合も大丈夫です。

※通常、Handleで取り扱っている商品で、棚受けやミラーフックなどで、特に重さの記載がないものは、
30kgまでの重さですので、上記の方法であれば、どれでも十分耐えれます
個々の重さについて、お知らせは致しませんので、ご了承下さい。

2×4、鉄骨、鉄筋コンクリートのお家の場合は、アンカーボルトをお使い下さい。
アンカーボルトに耐荷重量が記載されていますので、そちらを確認して下さい。

壁がボードだけの部分に付けられたい場合、どんなに重いものでも、耐荷重量は2kg程度ですので、
長く使って頂いているうちに、落ちる可能性がありますので、ご注意下さい。

棚受けに関しては、棚板と乗せるものの重量も加算されます。
こちらでは判断出来ませんので、施工される方とご相談下さい。

取り付け方について詳しくはこちらをご参照ください。
棚やフック、ミラーのつけ方について

→ミラーの商品一覧はコチラ

ミラーや棚受けなど、商品の重さを教えてくれますか?

ミラーや棚受けなどの重量が知りたい方は、商品の重量と言うより、耐荷重量が必要なのだと思います。

通常、重量の記載がない商品に関しては、30kg以内の重さですので、きちんと施工が行われていれば、 十分、耐えれる重さです。
耐荷重量に関しては、こちらに詳しく記載がありますので、ご覧下さい。
→耐荷重量について

特別に重量のあるもの以外の重さ荷関しては記載していません。また、個別にもお知らせしておりません。
施工をきちんと行えば十分耐えれますので、ご安心下さい。

→ミラーの商品一覧はコチラ