よくある質問


悩んでいる方へ「選び方アドバイス」

ペンダントライトのコードの長さはどのくらいがいいですか?

ペンダントライトの場合通常はコードの長さが「50cm」「80cm」の
どちらかがお選び頂けるようになっています。

天井高によっても変りますが、通常のお家の場合で、リビングやキッチンのカウンターの上に
付けられたい場合は、大抵50cmがオススメです。

天井が高い場合や、ダイニングなどの上で、目線の高さで使われたい場合、
また、新築などで業者さんが入っている場合は、現場でカットも簡単に出来ますので、
長さを悩まれる方や微調整されたい方は、長めの80cmをオススメしています。

この2つのサイズに関しては、ストックがあるようにしているので、ご注文後すぐにお届け出来ます。

また、10cm刻みでもオーダーしていただくことが出来ますので、ご注文の際のお買い物カゴに入れる前に、【コードの仕様を変更】をお選び頂き、オリジナルのコードをお選び頂くことも可能です。

もし、適当な長さがわからない・・・という場合はお気軽にお問い合わせ下さい。

詳しくはこちらもご覧下さい
→簡単にわかるペンダントライトのコードの長さの決め方

ペンダントライトのカバーやチェーンは付けた方がいいのでしょうか?

カバーとチェーンはアクセサリーになります。
なので、お客様の好みでお選び頂く事が一番です。

ご新築などで、天井の取り付け面をキレイに見せたい方には、カバー付きをオススメします。

チェーンはよりゴージャス感を出したい方にはもってこいです。
チェーンをお選びになった場合、上部にフックが付いていますので、そこで長さの調整ができます。

シェードを並べるなら同じ形がいいのでしょうか?

2つ、3つと並べて付けられたい方の場合、付けられる場所にもよるのですが、
スッキリと見せたい場合は、同じものを並べる方がオススメです。
例えば、キッチンのカウンターの上などには、同じ形のものを2~3個並べる方が多いです。

せっかくなので、いろいろ試してみたいという方には、ぜひチャレンジしてみて下さい。
並べるときに、雰囲気を揃えたいのであれば、透明なものを選ばれた場合は透明で統一するとか、
形が広がっているものを選ばれた場合は、広がっているもので統一するなど
ご自分の中でルールを作って選ばれてもいいと思います。

全部バラバラで付けられる方もいらっしゃいますので、ご自分の感覚で
好きなものを選んで楽しんで下さい。 (さらに…)

部屋の広さに対して、暗くないですか?明るさの目安はありますか?LEDの明るさはどれくらいでしょうか?

お部屋の広さに対する照明の明るさは、いろんなことで感じ方が変わりますが、一般的には下記が目安になります。

部屋の広さ(畳)  白熱灯W数   40Wの電球  電球型蛍光灯
   4.5~6     180-240W      4-6灯    45~60W
   6~8      240-320W     6-8灯    60~80W
   8~10      320-400W    8-10灯   80~100W
   12~14     400-500W   10-12灯   100~125W
   14~16     500-600W   12-15灯   125~150W

LEDの明るさは、ルーメン(lmn)で表されます。
電球の口金の大きさで明るさが変わります。

         40W  60W  100W
  E17口金  440  760  1430 (lmn)
  E26口金  485 810 1520 (lmn)

シャンデリアなどで使われる電球は、E17口金になります。
こちらを目安にLEDをご購入下さい。



テーブルやカウンターの上にペンダントライトを付けたいのですが、大体何個ぐらい付けるといいですか?

テーブルやカウンターの上にペンダントライトを付けられる場合、まず、選ばれるシェードの形や大きさによって変わります。
小ぶりのものは、少し多めに付けられた方が可愛いですし、大きめのシェードは1個で十分存在感がありますので、スッキリと魅せた方が美しいです。
以下の大きさと個数を参考にしてみて下さい。

●シェードの大きさが15sm以下の場合
        ~1m       1個
   1m   ~1m80cm   2個
   1m80cm~2m70cm  3個

●シェードの大きさが15cm以上の場合
         ~1m50cm       1個
   1m50cm~2m      2個
   2m    ~2m70cm  3個
     


トイレに40Wのペンダントライトだけでは、暗いでしょうか?

明るさに関しては、壁の色や感じ方によっても変わりますし、
ペンダントライトの場合は、シェードの形によっても、明るさが変わりますので、
判断は出来ませんが、通常、新築の場合、
1畳のトイレで60Wの白熱球ダウンライトが使われることが多いです。

なので、40Wの白熱球のペンダントライトだけでは暗く感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、
実際にお使いの方は、60Wでは明るすぎると40Wに変えられる方も多いようです。

一番いいのは、今、お使いのトイレの電球のワット数を見て、同じワット数のものを使われることです。同じワット数であれば、慣れているので、暗いと感じることもありません。

最近は、省エネも考えて、トイレにLED電球を使われる方も増えています。
LEDを使えば白熱球より明るく感じるので、40W相当のLEDを使われても十分明るく感じる方が多いようです。

いずれにしても、もし、ペンダントライト1個だけで暗いと感じた場合、
電球のW数を上げてお使い頂ければいいだけですので、ご安心下さい。