コードの色を変えると、お部屋の雰囲気も変わる!

小澤真弓
小澤 真弓

Handleのペンダントライトのコードの色は、シェード、取り付ける部屋のインテリアなどに合わせて、5色の中から選ぶことが出来ます。

コードの色を変えるだけで、意外に雰囲気がゴロっと変化するんです。
どんな風に変化するか、小澤がリポートします!



選べるコードの色は全部で5色あります。

写真の左から、ホワイト、レッド、ブラック、ベージュ、ブラウン(標準)です。

もともとブラウンが標準ですが、希望がある方には、他の色がお選びいただけます。
詳しくはコチラをご覧ください。
今回、人気の3つのシェードに5色のコードそれぞれをあわせて、どんな風に雰囲気が変わるかを比べてみました!



フレンチフリルが可愛いミルクガラスのシェードに合わせてみると・・・

可愛い雰囲気が人気のこちらのミルクガラスシェードに、それぞれ合わせてみました。

照明のコード色

いかがでしょう?
このように並べてみると、コードを変えるだけでも雰囲気がグッと変わりますね!

いつものブラウンも素敵ですが、このシェードで比較してみると、個人的にはレッドのコードが一番可愛い!(笑)

実は、一番あわせるの難しそう…と思ってたの赤いコードですが、ミルクガラスのシェードや可愛い雰囲気のデザインには似合いそうです。
可愛くなりすぎるデザインにコードの赤が一つのスパイスのようにピリっとアクセントになりました。

黒は格好いい感じに。
ベージュや白のコードはやっぱり似合う!



カッティングが美しいクリアのガラスシェードに合わせてみると…

今度はカッティングがキラキラと輝くタイプのクリアガラスのシェードに合わせてみました。

pl-015のコード色色々

いかがでしょう?こちらも表情が色々です。

ガラスが透明なので、先ほどのミルクガラスシェードに比べるとレッドやブラックは結構、色を主張してくるなぁと感じました。

ベージュやブラウンはスッキリとしたシンプルなガラスのカッティングが映えるように見えました。



グリーンのホウロウシェードに合わせると・・・

次はグリーンのホウロウのシェードに合わせてみます。

pl-056コード色色々

これもまた、今までとは違う表情になりました~。
こちらは、個人的にはホワイトが一番可愛いなぁと。

でも、ブラックも捨てがたい!
ベージュは少しぼんやりした印象で、レッドはこれまた少し主張が強めです(笑)



お好みで自分だけのペンダントライトに!

こんな感じで、同じシェードでもコードが変わるだけで全然違って見えてくるんです。
もちろん、今回の可愛いとか似合う~というのはあくまで戸田の好みの感想なので、皆さんそれぞれ違うはずです!

また、コードはチェーンをつけたり、カップをつけたり、ソケットの色をアンティーク色にしたりと色々コーディネート出来るので色んなパターンで、自分オリジナルのペンダントライトが出来上がります。

今回の比較を参考にして、ぜひ自分だけのお気に入りのペンダントライトを楽しんでみましょう!

今回使用したアイテム

ペンダントライト/商品一覧へ



小澤真弓

小澤 真弓

アンティークショップHandle店長

短大卒業後、住宅メーカーで勤務。お客様と話をしているうち、もっと身近なインテリアが提案したくなり、Handleへ。
4人姉弟の長女と言う立場から、気が付くといつもまとめ役。
探求心が強く、いろんなものに興味を持つ性格から、インテリアに関する基礎知識から、家具のこと、さらに住宅のことまで、幅広い情報を配信している。

アンティーク家具Handle
(水野商品館 株式会社)

1903年創業

【店舗&倉庫】
〒910-0019 福井市春山2-9-13

【南青山オフィス】
〒107-0062 東京都港区南青山5-4-41

古物商 福井県公安委員会許可
第521010008980号

関連商品はこちら



記事をシェアする

この記事に関連するカテゴリ