実録!とだマンの家の床選びPart.2

水野友紀子
水野 友紀子
番外編!トダマンの家の床選び リフォーム

「家づくりコラム」の中で、スタッフのとだマンの中古マンションのリフォームをご紹介して早4回目。

毎回、たくさんの反響を頂いているんですが、特に、反響が大きかった床選びでご紹介した、リビング以外の床について、今回はお話しようと思います。

以前、お話した通り、とだマンがマンションをリフォームする際、一番こだわりたかった部分が床。

その中でもヘリンボーンが第一希望だったので、リビングの床をヘリンボーンにすることに決定しましたが、そのままヘリンボーンでお家全体を貼ってしまうと、予算が膨大に・・・(汗)

と言うことで、またも、今度は床で優先順位を付けていくことにしました。

リフォームの図面

まず、お部屋の図面を見ながら、床の優先順位を付けると、
①リビング
②玄関ホール
③寝室&子ども部屋
④洗面所&トイレ


と言うことで、まずは、こだわりの強い、リビングの床を、思い切って憧れていたヘリンボーンに決定!

オーク材のオシャレな床

ここは、どれだけ予算がかかっても、振り返らず固定したまま、次にこだわりたい部分に。

次は玄関ホールですが、こだわりは、フローリング材を使うんじゃなく、素材感が感じられる無垢材の床にしたいということ。

なので、先に床の面積が広い③の寝室&子ども部屋の広さを計算しながら、予算内で貼れる無垢材の床をセレクトしていきました。

予算組した結果、寝室と子ども部屋は、わが家とよく似たオーク材の床に決定☆

オーク材のオシャレな床

予算を抑えるため、乱尺と言って、長さが短い部分、要は端切れ?のような部分ばかりを集めたお得な床材を探してきたので、かなり安価に準備することが出来ました。

長さは短いけれど、幅は太くてカッコイイし、オーク材らしい木目もおしゃれ。もちろん、足触りもサラサラしていてとても気持ちがいいと、大満足のご様子です(笑)

寝室と子ども部屋の予算を抑えたので、少し予算に余裕が出てきたトダマンは、調子に乗って、2番目にこだわりたい玄関ホールを、せっかくだったら憧れのヴェルサイユ宮殿のようにしたい!と要求(大笑)

猫の額のような大きさしかないので(笑)そんなに予算が掛かるわけでもないし、それだったら、思い切ってやってみたら?!ということで、ヴェルサイユ張りをセレクト!

オーク材のオシャレな床

めちゃくちゃ可愛く仕上がって、大満足のご様子です。

・・・と、ココまで決まって、最後、どうしても張り替えなければいけない部分が、④サニタリーとトイレ。

他の部分は大満足なので、ここはガマン出来るということで、予算を抑える策を考えた結果、クッションフロアを選択することに。

これまた、分厚いカタログの中から悩みに悩んで選んだものは・・・

洗面所のオシャレなリフォーム

テラコッタタイル風クッションフロア!

洗面所のオシャレなリフォーム、クッションフロア

洗面所もコストカットのため、こだわりが全くない安価なものを選んだようですが、とってもいい感じに仕上がっています。 そして、トイレの中は・・・オーク材!ではなく、オーク材風のクッションフロア(笑)

トイレのリフォーム、オーク材風のクッションフロア

パッと見た目は、無垢材のオークにしか見えない~!

足触りは全く違うので、現場にいると、とても同じものではありませんが、写真で撮った時の見た目はソックリ(笑)脱帽デス。

何度も何度も同じことを言い続けているので、もう、聞き飽きたという方も多いかもしれませんが、やっぱり一番大切なことは、優先順位を付けること!

当たり前のことですが、実際に、自分がお家を建てたり、リフォームする時になると、この当たり前のことが出来なくて、結局、こだわりのないお家になってしまいます。

トダマンがリフォームする際、一番こだわりたかった部分が①床

床の中でこだわりたかったのが②無垢材

こだわりたい部屋の順番は
③リビング

④玄関ホール

⑤寝室・子ども部屋

⑥サニタリー&トイレ


この順番で決め、予算をかけていった結果、納得いく床材選びになりました。

さぁ大詰め!次回は照明についてお話します。




「家づくりコラム」一覧を見る
水野友紀子

水野 友紀子

空間スタイリスト。
アンティークショップHandleバイヤー。

大学で小さい頃から好きだった化学実験が出来る薬学を専攻。薬剤師となり、製薬会社で研究職に就く。 結婚を機に、休日は嫁ぎ先の老舗家具屋の手伝いをすることに。
家具のことを学びながら、そこで得た知識と固定観念にとらわれない主婦目線での女性らしい提案が、お客様に喜んでもらえることが嬉しくなり、薬の研究を辞め、インテリアの研究に没頭することを決める。
アンティーク家具に出会い、それまで知らなかった世界に感動。 家具やインテリアに対して伝えたいことや、自らが買い付けてきたアンティークに対する想いを「買い付けうらばなし」や「まいにちハンドル」に綴り、日々配信中。

アンティーク家具Handle
(水野商品館 株式会社)

1903年創業

【店舗&倉庫】
〒910-0019 福井市春山2-9-13

【南青山オフィス】
〒107-0062 東京都港区南青山5-4-41

古物商 福井県公安委員会許可
第521010008980号



記事をシェアする

この記事に関連するカテゴリ