誰でも簡単!3つの家具でつくる英国クラシックスタイル

中嶋美幸
中嶋 美幸
naka-170508-top

ちょっとこの空間を変えたたいな・・と思ってもリフォームや大掛かりな模様替えをするのは大変。
そんなときには家具を使って気分をガラッと変えてみてはいかがでしょうか。
たった3つの家具と壁さえあれば簡単に素敵な空間をつくりだすことができますよ。
洋書からでてきたような憧れの英国・イギリス クラシックスタイルを簡単・気軽につくる方法をご紹介します。

まずは家具をどこに置くかを決めましょう。

いきなりお部屋全部の空間を変えるのは大変。 まずは、ここ!という場所を決めてください。リビングやダイニング、玄関など壁のある場所ならどこでもOKです。

壁

ステップ1.まず英国らしいチェストをお部屋に置いてみましょう。

まず一つ目の家具はチェストです。

アンティークチェスト

日本ではチェストというと、昔からあるような大きな「タンス」やプラスチック製の引出し付きのケースというイメージで クローゼットの中など目につかない場所に置くのが一般的ですよね。
でもヨーロッパでは昔からリビングや寝室、ダイニングや応接間など色んな場所で使われてきたためとっても素敵なチェストが多いんです。
今日はその中でも背が高く木目の美しいチェストを取り入れてみます。

チェスト2

日本のタンスのように大きくなく、幅が狭いのでちょっとしたスペースにも置けちゃいます。

ステップ2.椅子を置いてみましょう。

2つ目の家具に、セティというベンチタイプの椅子を置きます。

セティ1

今回はベンチのように幅が広い椅子を置いていますが、ソファや椅子一脚でもOK。
壁に椅子??と思うかもしれませんが、実は椅子ってインテリアとしてとっても絵になるんです。

セティ2

特にこのセティのように美しい装飾が入った椅子は、置くだけで芸術品のように本当に素敵なんです。

ステップ3.小さなテーブルが決め手です。

3つ目の家具は小さなワインテーブル。
この小さなテーブルが英国クラシックスタイルをつくる決め手になります。

ワインテーブル1

このテーブルがあんまり大きすぎると3つの家具がまとまらなくなってしまうので、サイドにそっと置けるよなコンパクトサイズがおススメ。
椅子の横にポンと置いて、読書をしたり、ちょっとしたお茶の時間、夜にはワインを開けてお酒を楽しんでみたり。 色んな楽しみ方ができるんです。

ワインテーブル2

このままでも素敵ですが、アクセントに小物を使って色どりをプラスしていきます。

おまけ.最後にアクセントカラーをプラスしてみましょう

小物1

数は少なくてもいいので、このようにチェストの上に本やお花を飾ったり、ちょっとした”生活感”をプラスします。 それだけでお部屋に自然となじんで、素敵な空間ができあがります。

小物2

完成です!

まっさらだった空間がたった3つの家具をプラスしただけでこんなに素敵な空間に変身しました。 しかもどれも女性一人で移動できるくらいのものなので、大掛かりな移動もせずに簡単に取り入れることができます。

お部屋が素敵にコーディネートできたら、写真を撮って自慢しちゃいましょう。
「インスタ映えする写真を撮るコツ」で、写真を撮るときの簡単なコツをご紹介しているので、思うように上手く写真が撮れない…という方も是非挑戦してみてください。

完成

一部の空間が変わるだけで、気分もなんだかワクワクしてきますよ。
ぜひ3つの家具で簡単に英国クラシックスタイルを取りいれてみてくださいね。

今回使用したアイテム

英国クラシックスタイルをつくるアイテム/商品一覧へ



中嶋美幸

中嶋 美幸

アンティークショップHandle編集ライター

短大で生活デザインを学び、そこで得た住宅の内装や家具の知識をもとに、Handleでお客様担当係を長く務める。
結婚を機に、愛知県に移住。現在、在宅スタッフとして、2人の子育てをしながら、リモートでHandleの編集ライターとして、アンティークに関する知識を中心に執筆中。

アンティーク家具Handle
(水野商品館 株式会社)

1903年創業

【店舗&倉庫】
〒910-0019 福井市春山2-9-13

【南青山オフィス】
〒107-0062 東京都港区南青山5-4-41

古物商 福井県公安委員会許可
第521010008980号

関連商品はこちら



記事をシェアする

この記事に関連するカテゴリ