【イギリスさんぽ】カントリーハウス「Capesthorne Hall」

今回は、買い付けが終わって、マンチェスター空港に戻るまでの空いた時間で、前から行ってみたかったカントリーハウスを訪れてみました。

ここは、マンチェスターから20マイルほど南に下ったカープスソーン ホール「Capesthorme hall」。約300年ほどの歴史があるカントリーハウスです。 さぁ、歩いてみましょう!

まず、とにかく広いカントリーハウス。建物に到着するまでの道のりは長~い!まずは、今回は外の写真と一緒に、カントリーハウスについてのお話しをします。

そもそも、カントリー・ハウスとは、中世以降、16世紀~20世紀初頭に、英国田園地帯に貴族が立てたお城のような館のことを言います。

19世紀以前はカントリーハウスは1000エーカーの土地が必要とされていました。
1エーカーが約4000㎡なので、1000エーカーとは 400万㎡!!!

・・・と言っても、全然ピンッとこないのですが(笑)具体的に表現すると、東京ドームが約87個分!!!

驚くことに、これが最小値で、この数百倍もの広大な土地を所有する貴族も存在したそうなんです。

いろんな規模のカントリーハウスがあるそうですが、とにかく広い!広い!!広すぎる~!!!比べる事が出来ないくらいの広さです。

英国内には現在でも、1500~2000棟の貴族屋敷が残存していると言われていますが、現代、この広大なお屋敷を維持管理するのはさすがにムズカシイ・・・

なので、約300ほどのカントリーハウスは「ナショナル・トラスト (National Trust) 」が管理し、一般公開されています。

参考までに、ナショナルトラストとは、約360万人の会員を持つ英国最大の環境保護を目的とした市民による組織のことです。

英国でカントリーハウスを含む、350以上の歴史的建造物やイングリッシュガーデンなど、自然景観を次世代に残すことを目的にしています。

会員料や寄付、ギフトショップやレストランなどの施設利用料などの収入で運営されているんですが・・・この広さ。一体、どれくらい管理費が必要なんだろう??

ちなみに、こんなに広大な建物たちは、5万5千人以上のボランティアスタッフによって守られています。

カントリーハウスにはとても広い庭園があるところが多いので、季節のお花を楽しんだり、ウォーキングやピクニックをしたりと、 休日に家族でカントリーハウスへ遊びに行くような気軽に楽しめる場所です。

また、カントリーハウスを舞台とした映画やドラマのロケ地となっているものも多いんです。

このカープスソーン ホール「capesthorme hall」は名探偵シャーロックホームズ「ソア橋の謎」のロケ地!です。

さぁ、到着!ものすごく美しい赤レンガの建物です。
広すぎてカメラに建物全体が入らないくらい・・・

角度を変えて見てみると、こんな感じの建物です。美しいでしょう~

中には、歴史的な絵画、大理石の彫刻、アンティーク家具と16世紀のステンドグラスの窓などなど、いろんなものが展示してあります。

こんな入り口を見ていると、憧れちゃう!さすが、イングリッシュガーデンの国って感じですよね。
さぁ!建物の中へ!・・・と言いたいところですが、 ここは、残念ながら中は撮影禁止のカントリーハウス(涙)

外観をいろいろご紹介します。

ここは、結婚式場として使われることが多いようで、HPでも募集をしています。

こんなところを貸し切って結婚式だなんて、なんだか優雅だな~

おそらく式場として使われる場所。ここだけは写真撮影OKでした。

Capesthorne Hallは、キャラバンパークとしても使われているようです。私もキャンピングカーで泊まってみたい・・・

ちなみに、カントリーハウスは持ち主が住みながらお屋敷を公開している事も珍しくないので、撮影禁止の場所も多いです。

知れば知るほど、沢山のカントリーハウスに行ってみたくなる魅力が沢山あります。

もし、機会があれば、ぜひ訪れてみてください。

Congleton Rd, Siddington, Macclesfield SK11 9JY



この記事に関連するカテゴリ