ウェルシュドレッサーとは


「どこ置く?」「どう使う?」 Handle的 おしゃれ部屋の大本命

「ウェルシュドレッサー」って、日本では聞きなれない名前の家具。「ドレッサー」って、日本ではミラーが付いている「鏡台」をイメージするんだけれど、イギリスやフランスではお料理などを「ドレッシングするための家具」がドレッサーです。

だから大きなオープンの棚の収納があって、その上にはいつも使うカップ&ソーサーやお皿、下の引き出しの中には、カトラリーやお茶の道具、調味料などが、いつでも使いやすいように置いてあった家具です。

使い方は、いろいろ。これさえあれば、おしゃれなお部屋が出来ちゃう大本命の家具です。


誰でも成功する技ありアンティーク
頼れる実用性で主役に大抜擢

お部屋の中で一番の存在感を放つウェルシュドレッサー。壁面の大きな棚に、どんなものを置いても素敵に見えちゃうのがポイント。

食器はもちろん、本や雑貨など他愛もないものを実用性を兼ねて収納&ディスプレイしてみましょう。



オープン棚の使い方は無限大

日本で収納と言うと、大抵、扉や引き出しが付いちゃうもの。でも、オープン棚のアンティーク家具に憧れをもっている人も多いと思うんです。

実用的に考えると扉が付いていた方がいいけれども、オープン収納の方が、なんだか可愛い!仕切りがない分、自由に使えるし、乗せたものもスペシャルに見えてきます。



見せたくないものは、隠しておく

もちろん、見せたくないものもたっぷり収納出来るのがウェルシュドレッサーのいい所。

もともと、小麦粉などを入れたフラワー缶やブレッド缶を収納していた下の扉。ここには大きなものもたっぷり収納出来ちゃう家具だから、見せたくないものはここに隠して使いましょう。



細かいものだってお任せ下さい

カトラリーを入れて使われていたドレッサーの引き出し。ここには細々としたものもいろいろ収納出来ちゃいます。

ダイニングで、昔と同じようにカトラリーを入れるもよし!リビングで鉛筆や消しゴムなどの文具や救急箱など雑多なものを入れてもOK!便利に使える家具です。



自分に合ったインテリアスタイル

「ウェルシュドレッサー」とは、もともとウェールズで誕生したもの。なので、厳密に言うと英国スタイルのものを指すのですが、フランスのアンティークのペイント家具にも、ヴィンテージの家具にも同じようにドレッサーがあります。

フランスのものは、背が低くて幅や奥行きが広いデザインだし、ヴィンテージのものは、スッキリタイプ。好みのインテリアのスタイルに合わせて、選んでみましょう。


「どこ置く?」「どう使う?」5番勝負
本来の使い方、ダイニングの食器棚

もともとはキッチンで食器棚として使われていたもの。なので、棚板部分をよく見ると、お皿を立てることが出来るように溝が入ってるものも多いんです。

日本の家具じゃなかなか出来ないけれど、大好きな柄のお皿を見せながらの収納。本来の使い方で楽しんでみましょう


本やCD、オブジェなどお気に入りを輝かせる舞台

リビングでも大活躍のオープン棚は。お皿やカップを乗せるために作られた棚板は、CDやDVDなどを乗せるのにピッタリの幅なんです。

お皿を立てるための溝に、CDを立てることも出来ちゃうから、お気に入りのジャケットを見せながらの収納はいかが?まるで舞台に立っているみたいにキラキラ輝きます。


漫画や文庫本をスッキリと美しくお片付け

マンガまでもおしゃれに収納しちゃうのがウェルシュドレッサーのスゴイ所。

ゴルゴ13まで、まるで文学書のように見せてくれる重厚感のある家具の力に圧倒されます(笑)


日本の和室にもよく似合います

和室に使うんだったら、ペイントよりも、色の濃いチョコレート色のウェルシュドレッサーがおススメ。
ちょっと小粋でさらにおしゃれな空間作りの大本命アンティーク家具です。


何でも美しく見えるから店頭のイチ押しを並べて

オープンの棚は、ディスプレイの家具として使ってもバッチリです。
特にアンティークの家具は風合いがいいので、お店の顔として一番目立つ場所に置いてみませんか?
置いたもの、何もかも全てが素敵に美しく見えちゃいます。




商品一覧を見てみよう