首もとまでしっかりホールドしてくれるゴールドスミスチェア

水野友紀子
水野 友紀子

初めてゴールドスミスチェアを見つけたとき、なんとなく特別なイスだな・・・って感じがしたことを今でも覚えています。

それは、やっぱりこの形。
「アーコールチェア=曲げ木」っていう私のイメージを根底から覆してくれたゴールドスミスのデザインは、「特別なイス」って感じ。
なんとなく堂々としていて高貴な雰囲気が漂っています。

「Goldsmith」を日本語に訳すると「金細工師」と言う意味だったんだ!って気が付いた時、自分の中で妙に納得出来ました。
だって、背もたれのトップのバーが、王冠のように見えていたんです。

まるで王冠を被ったようなデザインのイス、ゴールドスミス。当時のイスの中では斬新でめずらしいデザインだったので、アーコールの中でも人気No.1だったと言うのも、なんだか納得できます。

私の中では、堂々として王冠を被ったような貫禄は、まるで「イスの王様」。
首下までしっかりホールドしてくれるので、座る度にしっかりと王様に抱えられている気分なんデス。



【ご紹介したアイテム】

首もとまでしっかりホールドしてくれる、アーコールの中でも人気No.1のゴールドスミスチェア。


ココを読めば分かります!今、日本で人気のアーコールのこと

最近、日本でも人気のアーコールの選び方や使い方を詳しくお話しします!



水野友紀子

水野 友紀子

空間スタイリスト。
アンティークショップHandleバイヤー。

大学で小さい頃から好きだった化学実験が出来る薬学を専攻。薬剤師となり、製薬会社で研究職に就く。 結婚を機に、休日は嫁ぎ先の老舗家具屋の手伝いをすることに。
家具のことを学びながら、そこで得た知識と固定観念にとらわれない主婦目線での女性らしい提案が、お客様に喜んでもらえることが嬉しくなり、薬の研究を辞め、インテリアの研究に没頭することを決める。
アンティーク家具に出会い、それまで知らなかった世界に感動。 家具やインテリアに対して伝えたいことや、自らが買い付けてきたアンティークに対する想いを「買い付けうらばなし」や「まいにちハンドル」に綴り、日々配信中。

アンティーク家具Handle
(水野商品館 株式会社)

1903年創業

【店舗&倉庫】
〒910-0019 福井市春山2-9-13

【南青山オフィス】
〒107-0062 東京都港区南青山5-4-41

古物商 福井県公安委員会許可
第521010008980号

関連商品はこちら



記事をシェアする

この記事に関連するカテゴリ