自分が使いやすいキッチンの形を考えましょう

I型キッチン・壁付けI型キッチン・アイランド型キッチン

前回、I型キッチンとテーブルを置く位置についてお話しましたが、今回は、I型以外の形のキッチンについて、わが家を例にお話ししようと思います。

前回お話ししたI型のキッチンとは、シンクとコンロ、調理台が一列に並んでいるキッチンのことです。

一番コンパクトで、作業効率よく使えるキッチンの基本の形、I型キッチンは、設置する場所によって、3種類に分かれます。

壁付けI型キッチン

まず、壁面に向けて設置された基本中の基本が、壁付けのI型キッチン

そのまま、コンロに近い部分の片面が壁に付いた対面式のカウンターキッチンになると、ペニンシュラ型キッチン(半島型)と呼ばれるようになります。

I型カウンター(ペニンシュラ型)

さらに、キッチンの周りをグルっと移動できる通路が両サイドあり、壁に付いている面がなくなると、アイランド型キッチン(島型)と呼ばれるようになります。

どれもI型なので、作業効率は同じですが、設置する面によって、必要なスペースと価格が違ってきます。

壁面に設置するI型キッチンに対し、ペニンシュラ型は、対面からもキッチンを囲めますが、より広いスペースが必要になります。また、キッチンの裏部分を隠すことが必要になるため、コストがかかります。

アイランド型は、キッチンの両脇の通路分、さらに広いスペースが必要で、キッチンの裏部分に加え、両脇部分を隠すことが必要になります。

また、一番気を付けないといけないのが、レンジフード!壁に取り付けられないため、天井吊りタイプなどを選ぶ必要があり、かなりコストがかかります。

Ⅱ型キッチン

次に、Ⅱ型キッチンと呼ばれる形です。Ⅱ型キッチンとは、シンクとコンロが2つのスペースに分かれているキッチンのことです。

シンクとコンロが分かれているので、配置によっては、動線が短く、作業効率がいいんですが、洗ったばかりの野菜などを移動させる際、床が濡れるというデメリットがあります。

Ⅱ型キッチンを使ったお家のキッチン

ちなみに、わが家の母屋はⅡ型のキッチン。私も毎日、ここで調理をしていますが、動線を考えたからというわけではなく単純にリフォームする際、これ以外のスペースがとれなかったから(笑)

確かに、動線は短くていいんですが、床はいつも濡れています(苦笑)

最後に、L型キッチンU字型キッチンコの字型キッチンと呼ばれる形のキッチン。

L型キッチン

上から見たキッチンの形でL型やU字、コの字と呼ばれるキッチンは、コンロとシンクが90度で向かい合うように設置されています。

I型キッチンを長くして、折り曲げたような形なので、作業を行うスペースが広くとれますが、コーナー部分がデッドスペースになってしまうので、使い方をよく考える必要があります。

コ型(U字型)のキッチン

ちなみに、私が使っているキッチンがコの字型。これも、形にこだわったわけではなく、リフォームする際、スペースがとれず、悩んで悩んでこの形にしたものです(笑)

コの字型(U字型)のキッチンのお部屋

最近は、シンクをカウンター部分に取り付ける形が人気ですが、私は窓の外を見ながら洗い物をしたい派(笑)なので、窓側にシンクを向けました。

こんな感じで、いろんな形のキッチンがありますが、それぞれ、メリットとデメリットがあり、さらに、スペースや予算もいろいろ。なので、自分の動線などを考えながら、トータル的に予算やスペースを組み込んで、一番合う形のキッチンを選びましょう!

その際、前回、お話ししたように、テーブルを置く場所も一緒に考えることを忘れないようにしましょう!





記事をシェアする

この記事に関連するカテゴリ