海外買い付けのこだわり

イギリスやフランスを中心に1~2ヵ月に一度、アンティーク家具や雑貨を買い付けに行っています。
Handleをオープンした当初に比べると、最近では買い付けに行く回数も、買い付ける家具の数もかなり増えました。

でも、どんなに増えても、私が買い付けの時に心がけている5つのルールは、オープン当初からずっと変わっていません。それは、私の中でのポリシーでもあり、ある意味「Handleらしさ」かな?と思っています。

マネージャー

買い付けのポリシー
ポリシー1 ポリシー2 ポリシー3
ポリシー4 ポリシー5

ポリシー1
状態が悪いものは、どんなに気に入っても買い付けません!

どんなに気に入っても、状態が悪くて修復しても安心して使えそうにないものは、買い付けません

状態の判断はとても難しく、見た目がどんなにキレイでも、中身が虫食いで使えないものもあるし、見た目がとても汚くてもきちんと修復してあげれば驚くほどピカピカになるものもあります。

デザインがとても気に入っていても、状態を見て泣きながら「買い付けない」と判断をすることも多々。


でも、家具としてきちんと使えるアンティークをお届けすると言うことが「Handleのアンティーク」で、どうしても譲れない部分。

なので、買い付けの時にきちんと見極めて、日本に連れて帰って職人さんが修復を行った後、キレイで使えると判断したアンティークだけを選んで買い付けています

ポリシー2
気になるけれど・・・最初に金額は見ない!

買い付けの時、絶対にやらないこと。それは最初に金額を見ないことです。

もちろん予算は大切!でも、先に金額を見てしまって思っていたよりも高額だった場合、「好き」よりも「価格」が気になってしまって、単純に自分の「好き」だけで選べなくなってしまうんですよね。

でも、家具って高額なものはもちろん、どんなに安価なものでも、一度買っちゃうと、お洋服とは違って簡単には買い換えられないもの

だからこそ、まずは自分が「好き」で「ずっと一緒にいたい」と思うものを買うことが一番だと思っています。

簡単には買い換えられないからこそ、絶対に最初に金額からは入らない!まずは好きなものを見つけて、その後で金額が見合うかどうかを考えるようにしています。
(もちろんどんなに好きでも、最後に金額を聞いて驚いて退散することは多々あります(笑)

ポリシー3
「ものがたり」が語れるアンティークを探します。

私は買い付ける時に「なぜこのアンティークを選んだか」の理由が自分の中でハッキリと語れるものだけを探して連れて帰ってきています。

時には「まるで運命?!」と一目惚れで恋に落ちてしまったような出会いもあれば、見過ごして通り過ぎた後に、なんだか呼び止められた気がして見つけること、さらに、ずっと想い続けて「やっと会えた!」と言うことも・・・

アンティークは1点ものなので、一つ一つ、それぞれに、私の中でわざわざ日本まで連れて帰って来ようと思った理由があり、逆に物語がないものは買い付けてこないようにしています。

私の中での買い付けてきた理由を「買い付けうらばなし」に書いてご紹介しています。ぜひ、出会った時のエピソードや買い付けてきた理由、お気に入りのポイントなど、それぞれの「ものがたり」を読んでみて下さい。

ポリシー4
とにかく速い!選ぶ時に時間をかけない!

自慢じゃないのですが、私は選ぶのが速い!(笑)一緒に買い付けに行くスタッフが付いてこれなくて驚くほどに速く、さらにそのスピードは年をとる毎に、ドンドン速まっている気がします(大笑)

でも、時間をかけずに選ぶって、実は大切なポイントかな?って思っているんです。

だって、悩んでしまうってことは、何かしら悩むポイントがあるってこと。「これより、さっきのあっちの方がいいかも?」「予算オーバーだから悩む」「もっといいものが出てくるかも?」などなど・・・

理由はいろいろあるけれど、予算以外で悩んでしまうってことは、どこか満足出来ない部分があるってことだから、本当に好きじゃないのかもしれないって思うんです。

だから時間を掛けず、パッと見て「好き!」と思ったら、どんなに高額でも買い付ける候補に入れちゃう!(笑)

予算の壁は最後に考えるという感じで、まずは自分の「好き」と思う直感を大切にしています。

ポリシー5
最後は「他の人のお家に行っても後悔しない?」を自分に語りかけてみます。

今まで数々の買い付けをこなして、たどり着いた集大成(笑)どうしても決断が出来ない時は「今、目の前で他の誰かが連れて帰っても後悔しない?」と自分自身に問いかける事です。

アンティークは一点ものなので「連れて帰ろうかな?」と悩んでいたものが、隣にいた人に買われてしまうことほど悔しいことはないんです!

どんなに後悔してもダメ!そのうちライバルのサインが入った「SOLD OUT」のタグが貼られる時ほど悔しい事、後悔することはない~

そんな時、いつも思うのがライバルへの恨み(笑)・・・ではなく、そこで決断できなかった自分に対する後悔。その後は、ずっと買えなかったものと同じようなデザインのものがないかを探してばかりなんです。

だから、いつも決断が出来ない時には、その子が他の人の所にお嫁に行って、自分は後悔しないかどうかを自分自身に語り掛けてみます。

そこで「あまり後悔しないかも」と思った時には、気になっても悩まず買い付けない!逆に「後悔する!」と思った時には、どんなに高額でも悩まず買い付けるようにしています。