初めてのアンティーク



Handleでアンティーク家具とは、フランスやイギリスで買い付けてきた1900年代前半~1970年代に作られた家具のことを言います。
アンティーク家具の魅力は、新しく作られる家具が持つことが出来ない、以下の6つだと思っています。
そんな魅力あるアンティークの家具とお客様が出会える場でありたい・・・とHandleは思っています。

アンティークじゃないと手に入らない高級家具なんです。


私が、初めてアンティーク家具を見た時に、主人から言われた言葉は、かなり衝撃でした。
「これと同じクラスの家具を、今、買おうと思っても、高級すぎてとても手が出ない。アンティークだから、手に入れることが出来るんだな・・・」

確かに、アンティークで使われている素材は、高級なものばかり。
さらに、今、手に入れようと思っても出来ないものが多いです。木材は昔のように質がよくて木目の美しいものは手に入らないし、ガラスやミラーも、成分や作り方が現代とは異なっています。

昔だから手に入った贅沢な本物の素材や、手作業の時代に作られたからこそ、手の込んだ美しい装飾が施されている家具。アンティークだから、ハイクラスの家具を身近に使うことが出来るところが魅力です。

「本物」だけが「アンティーク」になれるんです。


そもそも、アンティーク家具って、残っていること自体がスゴイことだと思うんです。
作られてから100年近く時を経ている家具が、今もキレイな状態で残っていて、使うことが出来るってスゴイ!

でも、どんなものでも100年経てばアンティークになれるのかな?と思うと、そうではありませんよね。

古くても、簡単に安く作られているものは修復して直すことも出来ないので 使い続けることは出来ずに廃棄され、アンティークとして形は残っていないんです。
本物の素材(木材)を使って、きちんとした工程で作られて、大切に使われてきたものだけがアンティークとして形を残すことが出来るんだと思います。

修復しながら、ずっと使い続けることが出来るんです。


アンティーク家具は何度でも修復ができ、きちんと修復してあげれば、ずっと使い続けることが出来る家具です。

日本では使い捨て感覚で簡単に安価な家具を選ぶ方も多いのですが、使い捨てではなく、欧米の様に想い出を刻みながら、いい家具を長く大切に使い続けて欲しいなと思います。
誰かが大切に使っていた家具を、自分が使って、子供に譲って、孫に受け継がれる・・・機能面や価格面では、現代の家具には敵わないかもしれないけれど、やっぱり本物。

メンテナンスしながら、大切にあと100年使って欲しい家具。それがアンティーク家具です。

使い続けられた歴史に残る優れたデザインなんです。


家具は、どんなものでも、一度買ったら、滅多に買い替えるものではないからこそ、デザインは重要。
アンティークの家具のデザインは「タイムレス」と言われているくらい時代を追わず、ずっと飽きることなく使い続けることが出来るデザインです。

例えば、お洋服で言うとトレンチコートやポロシャツのようなもの。

流行で微妙にフィット感やデザインが違っても、ずっと変わらず、ずっとおシャレで、時代を追わずにあり続けるデザインです。

昔から作り続けられた歴史の中で、美しいデザインだけが融合され磨かれたデザインの家具だから、流行に左右されることもなくいつまでも上品に使い続けられる・・・そんなところも、アンティークの魅力です。

世界中探しても、同じものはありません


アンティークは、全てが一点ものです。当たり前のことですが、アンティークに新品はありません。

例え、同じデザイン、同じ形のものが見つかったとしても、1つ1つの、色や形、キズや汚れが微妙に違っています。
また、今、作られたものではないので、同じものが欲しいと思っても、同じものを作ることが出来ません。

世界中探しても、同じものはどこにもない、一点もの。それがアンティークです。

意外ですが、日本お家ピッタリなんです。


実は、アンティーク家具は、日本の生活スタイルにとても合う家具なんです。

ガラスのキャビネットや、チェストは、サイズがコンパクトなものが多いんです。なので、アパートやマンションで気軽に使えます。
テーブルも、意外に機能的で、大きくなったり、小さくなったり サイズを変えることが出来るものが多く機能性重視の日本人向き。

使われている木材も、濃い色で落ち着いたものが多いので、和室にも、とても相性がいいんです。
だから、最初から、「私の部屋には無理」と思わずに、まずはチャレンジしてみて下さい。
どんなお部屋にも、絶対に似合います。