Handleのペンダントライトの使い方
ペンダントライトとは・・・
Handleのペンダントライト ペンダントライトとはコードやチェーンで、天井から吊るすタイプの照明器具のことです。

日本でも、ダイニングテーブルの上や、和室、子供部屋などによく使われているので馴染みもあり、 ご新築やリフォームの方はもちろん、ペンダントライトの灯りだけでもお部屋の雰囲気が大きく変わるので、 取替えの照明器具としても人気です。

サイズも大きなものから小ぶりなもの、素材もガラスやホウロウ、和紙やビーズ、木や布など様々。

取り付けるお部屋や、場所によって、気軽にセレクトしやすいのもポイントです。
ペンダントライトの使い方
ペンダントライトは、気軽にいろんな場所で使える照明器具です。
明るさだけではなく、インテリアのアクセントにもなるので、いろんなお部屋で使ってみましょう。

ダイニングテーブルの上で

ダイニングテーブルの上で使うペンダントライトは、見た目はもちろん、テーブルの上に乗せた食事を美味しく見せてくれる効果もあります。

美味しく見せる明かりは白熱球。
ちょっと低めの位置に取り付けるのが、ポイントです。

カウンターキッチンの上で

最近人気の、カウンターキッチン。
その上に使うペンダントライトは、調理する時の手元を明るくしてくれる効果もあります。

もちろん、見た目も素敵。
カフェのようなおシャレな雰囲気を演出してくれます。
2~3個並べて吊るすのがポイントです。

リビングや寝室、子供部屋で

主照明として、お部屋で使うペンダントライトは、お部屋全体を明るく照らしてくれることが大切です。

少し大きめのサイズで、明かりがとれるよう高めの位置に取り付けましょう。

トイレや洗面所で

トイレや洗面所でペンダントライトを使うと、優しい明かりで、なんだかくつろぎのスペースが出来上がります。

意外にも、それほど明るくなくても大丈夫。
ホッとする雰囲気でくつろぎの空間を作ってみましょう。


handle ペンダントライト 一覧

商品一覧