本棚

本棚とは、主に本を収納するための棚のことです。本箱、書棚などとも呼ばれ、どれも本を収納するための棚ことをさしています。 扉がついているものや、オープンタイプのもの、サイズやデザインも様々です。

本棚の選び方タイトル 本棚の選び方spタイトル

本棚とは

家の中にある本や書類などをまとめて収納することができる本棚。 子供の頃の絵本や、教科書、漫画、雑誌や小説など、小さな子供の頃から、読むものは変わっても年を重ねてもずっとそばにある本。 本棚は、その成長を共にした本を大切に収納する場所として使われている家具です。


本棚とは

最近では、書籍もどんどんデジタル化され、紙で製本された本を手に取りページを開くという機会が昔に比べて少なくなってきています。 そんな時代だからこそ、今手元にある本は自分にとって手放せない大切な存在なのかもしれません。

そんな本を大切に収納するのが本棚。 本棚でもサイズやデザインなど様々です。 小さなものから、壁一面を覆う、図書館のような大きな本棚、扉がついているものや、オープンタイプになっているものなどもあり、種類も豊富です。 本棚を選ぶポイントをおさえて自分にぴったりの本棚を選びましょう。


本棚の選び方
3つのポイント

ポイント1.本棚の大きさ
まずは、本棚を置きたいスペースの確認をしましょう。 本棚は、規定のサイズがある家具ではないので、幅や高さが小さいものから大きいものまでサイズも大きく異なってきます。 本棚を置きたいスペースがどのくらいあるのか、そして、ポイント2の「収納したい本の量」を確認した上で、サイズを選びましょう。
収納する本も、種類によってサイズが異なってきます。 文庫本を収納するのか、雑誌などを収納するのかでサイズも異なるため、あらかじめ何を収納したいのかを把握しておきましょう。
ただ、本の量は増えていくことが多いため、ある程度のゆとりをもった収納ができるサイズを選びましょう。

ポイント2.収納したい本の量
2つ目のポイントは、収納したい本の量を把握しておくことです。 自分がどのくらいの量の本を持っていて、どの本をどのように収納したいのかによって、ポイント1の本棚の大きさも異なってきます。 本の量を把握した上で、本棚の大きさやデザインなどを決めるといいでしょう。

ポイント3.本棚のデザイン
3つ目のポイントは、本棚のデザインです。 本棚のデザインといっても、開き扉になっているものや、フラップ式、オープン収納など様々なデザインがあります。
扉がついているデザインは、中に収納した本をほこりなどから守り、大切に保管することができます。オープン収納は読みたいものをさっと出して、さっと収納することができるので効率的です。さらに、自分で好きなレイアウトするきとが自由にできるので、本を収納する楽しさもあります。
他にも機能性が高いものなや、凝ったデザインのものなどもあり、仕様も様々です。
自分がどのように本を収納したいかを考えて、さらに、本棚をどのように見せたいか、を考えて自分にぴったりの本棚を選びましょう。


商品一覧
1件~51件 (全139件) 1/3ページ
1 2 3  次へ

1件~51件 (全139件) 1/3ページ
1 2 3  次へ