バルーンバックチェア 商品一覧

風船のように丸い形の背もたれが特徴的な椅子、バルーンバックチェアの販売から、お部屋のコーディネート術までご紹介しています。

バルーンバックチェアとは

バルーンバックチェアとは、背もたれのデザインが、まるで気球や風船のようにバルーン型の丸い輪郭を描いている椅子のことを言います。

ヴィクトリアン期に流行したバルーンバックチェアは、主にお客様を招くサロンやパーラーなどで、ティータイムを楽しむ椅子として使われてきました。

柔らかなフォルムに、女性らしく華やかで高級感が漂うバルーンバックチェアの4つの特徴をご紹介します。


point.1
バルーンの形


風船の形をしたバルーンバックチェア

丸い風船の形をした背もたれが特徴のバルーンバックチェアですが、この丸い美しい形のバルーンの枠は、アンティークだから造ることが出来た三次元曲線が魅力です。

また一見、シンプルにも見える背もたれのバルーンの形や装飾にもいろんなデザインがあります。

中にはトップや貫の部分に、木材を彫り抜くことで向こう側が透けて見える、透かし彫りや、美しい浮き彫りが入っているものも多く、ヴィクトリアン期に流行った質の高さと高級感が感じられる椅子です。


point.2
美しい猫足


猫足のバルーンバックチェア

バルーンバックチェアの代表的なデザインと言えば、背もたれのバルーンと同じく、美しい曲線を描く猫足です。

カブリオールレッグとも呼ばれる、フランスを中心に広まった猫足のデザインですが、英国のカブリオールはフランスのものより少しシンプル。

まれに英国の椅子らしい挽き物細工のターニングレッグのバルーンバックチェアが見つかることもあります。


point.3
高級な素材


ウォールナット材とマホガニー材

バルーンバックチェアが流行した19世紀のヴィクトリア朝時代は、ウォールナット材やマホガニー材などの高級木材が家具や椅子に使われました。

粘りがあり、堅く、それでいて加工がしやすいウォールナット材やマホガニー材などの高級木材を使って造られたバルーンバックチェア。

頑丈で安定感のある椅子に仕上がっている理由です。


point.4
背もたれの曲線


バルーンバックチェアの曲線を描く背もたれ

バルーンバックチェアを横から見ると、ラクな姿勢がとれるように、背もたれに角度が付いているデザインになっています。

正面から見た時の形だけではなく、背もたれが後ろにもゆるくカーブを描くには高い技術が必要。

職人さんの手作業だからこそ作り出すことの出来る、繊細な造りになっています。

当時の技術が詰め込まれた、高級材を使って造られた贅沢な椅子。だからこそ、ビクトリアン朝から現在に至るまで人気がある椅子です。


バルーンバックチェアとは

ビクトリア朝を代表する椅子、バルーンバックチェアについて、さらに詳しく知りたい方は、コチラから



商品一覧
1件~16件 (全16件) 1/1ページ

1件~16件 (全16件) 1/1ページ