よくある質問


アンティーク家具の塗装は、何を使っていますか?注意点はありますか?

Handleのアンティーク家具に使われている塗装は、
イギリスの17世紀から使われている伝統的なシュラックニスで仕上げています。
HPにも記載させて頂いている通り、口に入れても害がない自然塗料で、と
ても風合いよく仕上がるのですが、逆に、耐水性、耐熱性はありません。

現代の家具に使われているのは、ウレタン塗装がほとんどで、
アンティークとは逆で、耐水性、耐熱性はあるのですが、
化学塗料であるため、アンティークの家具には向いていないんです。

ウレタン塗装のように、化学塗料で塗装したものだと、
もし、傷が付いたり、汚れたり、剥げた場合は、もうお直しすることが出来ません。

自然塗料であるからこそ、傷がついても汚れても、剥げた場合でも、
もう一度、キレイにお直しすることが出来て、
アンティークとして生き続け存在することが出来るので、
ちょっと手間がかかったりもするのですが、
何卒ご理解頂いて、末永く付き合って頂けたら・・・と思っています。
(一番は、自然塗料で、熱にも水にも強いものがあればいいと個人的には思うのですが・・・)

注意点としては、アルコールの入った消毒剤を使うと、表面の塗装が剥がれたりしますので、ご利用は避けてください。
普段のお手入れは、固く絞った水ぶきもしくは乾拭きで十分です。

また、熱いものにも弱いので天板に直接熱いコップを置いたり、
水滴の付いたコップを直でおいてしまうと、
輪染みの原因にもなりますので、そういった場合はコースターなどをお使い下さい。