使う前に知ってほしいこと

使う前に知っておきたい5つのポイント
Handleのアンティーク家具は、きちんと専門の職人の手で修復を行ったものだけをお届けしていますので、
一般的な家具と変わりません。5つのポイントに気を付けて楽しみながらお使い下さい。
1
1-photo アンティークで使われているワックスやニスは、天然のものなので、熱や水分に強くありません。

天板の上に置く時には、コースターやランチョンマットを使って置くようにしましょう。
輪染みの原因になりますので、ご注意ください。
2
2-photo アンティークで使っているニスは、シュラックニスという天然素材をアルコールに溶解させたものです。

なので、アルコールの入った消毒液などで拭くと塗装が剥がれ、染みの原因となります。
お掃除は普通の家具と同じように、乾拭きや固く絞った雑巾でお掃除してください。
q-photo

お家でアンティーク用のワックスを塗ることでメンテナンス出来ますので、ご安心ください。

メンテナンス方法をご覧ください。

q-photo

お家でアンティーク用のワックスを塗ることでメンテナンス出来ますので、ご安心ください。

メンテナンス方法をご覧ください。

3
3-photo アンティークのガラスは、ガラスがまだ貴重だった時代のもので、今と違って耐熱ガラスではありません。

熱いものや食器洗浄機を使うと割れますので、ご注意ください。
4
4-photo 小ぶりなガラスキャビネットなどは、中に何も入れずに扉を開けると、扉の重みで前に倒れてくる場合があります。

到着したら、ぜひ、中にものを入れてお使いください。
ガラスキャビネットのガラスは、オリジナルの重みのあるアンティークガラスです。
割れてしまうと、同じガラスがご準備出来ませんのでご注意ください。
もちろん、逆に、重いものを乗せ過ぎると、たわんだり、棚板が外れる可能性があります。
5
5-photo アンティーク家具は一般的な無垢材の家具と同じで、乾燥すると割れや反りの原因となります。

また、アーコールなど線の細いイスの場合は、乾燥による木の縮みなどで、きしみやグラつきの原因になりますので、 エアコンの風が直接当たらないようにしてください。
また、強い直射日光の当たる場所には置かないでください。
塗装が剥がれる原因となります。

乾燥はお部屋のバロメーターにもなります。
家具が割れたり反ったり、きしんだりするということは、気付かないうちにお部屋もかなり乾燥しているという指標に。
体にもよくないので、加湿器などを使われることをオススメします。
6
6-photo アンティークなので、耐荷重量などの設定はありませんが、もちろん、通常お使い頂くには大丈夫なよう、きちんと修復してあります。
常識の範囲内で、普通の家具と同じようにお使いください。

チェストなど、引き出しの付いているものには、レールや転落防止などは付いていません。
引き出しを引っ張り出し過ぎると落ちますので、ご注意ください。