たった5分。あっという間にドアがおシャレになっちゃうDIY。


カンタンDIYでドアをオシャレにアレンジしてみませんか?
あっという間になんだかまるで違うお部屋に来たみたいなオシャレドアが出来上がります。

所要時間5分。
あっという間に出来て、開ける度になんだかワクワクしちゃうドアアレンジを私、中嶋がご紹介します。

スタッフ 中嶋

まずはドアプレート選びから。どれがいいかな?

最初に、お家のドアを見ながら、どのドアに何のプレートを取り付けるかを決めましょう。

ドアプレートにはオシャレな文字が入っているので、洗面?トイレ?お風呂?それとも全部お揃いで??

プレート8

プレートの種類も文字もいろいろ。
どのタイプがいいか楽しみながら選んでみましょう。
ドアプレートはコチラからご覧ください。



準備物はコレだけです

・電動ドライバー
(なければふつうのドライバーでもOKです) ・マスキングテープ
・シャープペンまたは鉛筆
・お好みのプレート
・ビス

プレート1

まずはプレートを付ける位置を決めよう。

ドアのデザインによって、プレートの取り付け位置も変わります。
でも、やっぱりプレートは目線に来るのが一番。
高くもなく低くもなく、ちょうどいいポイントを探しましょう。

プレート9



位置が分かるように目印を付けます。

丁度いい位置が決まったら、分かるように目印を付けます。

プレート2

痕(あと)が残りにくいシャープペンや鉛筆を使って軽く目印をつけます。



コッチの方がおススメ!マスキングテープを使ってみよう

目印を付けてもいいのですが、一人でプレートを付ける場合、気が付くとちょっと斜めになってしまった…ということも。
目印を付けただけでそのままビスを打ち込んでもいいのですが、裏ワザはマスキングテープを使うこと。

プレート4

マスキングテープで仮留めをすれば、1人で作業している場合でも、一度ドアから離れて取り付けようと思っている所が斜めになっていないか、確認できます。
マスキングテープは、とても便利なので、貼ったり剥がしたりしながらちょうどいい位置を確認しましょう。



さぁ!ドライバーの登場です。

位置が確認できたら、いよいよプレートを固定していきます。

プレート5

ビスをプレートのビス穴に入れて電動ドライバーのスイッチオン!
電動ドライバーの場合、あっという間に取り付けができます。

普通のドライバーを使う場合はプレートが固定できるまでグリグリとビスを少しずつ入れていきましょう。
ちなみに今回使用したビスの長さは5mmのものでした。



所要時間5分。あっという間に完成です!

出来上がりました!所要時間5分。
あっという間にオシャレなプレートがドアに付いて、まるでお化粧したような気分です。

プレート6

いかがでしたか??
どこか味気なかったドアが一気に華やかに素敵に変身しました!

5分もあれば簡単に取り付けることもできますよ。
ぜひご自宅のドアを変身させてみてはいかがでしょうか?

もっとオシャレにしたい!という方は、ドアプレートとペーパーホルダー、タオル掛けがテイスト別にセットになったサニタリーセットがおススメです!
サニタリーセットはコチラからご覧ください。

今回使用したアイテム

ドアプレート/商品一覧へ