アーコールチェアの塗装をキレイに修復しました。


実は、アーコールの修復の中で一番難しいのが塗装。
お直ししてキレイになるものとならないものがあるので、一概にピカピカに出来ると言い切れないのですが、出来る限りキレイになったアーコールをお届けするため、ガンバリマス!

6

入荷したてのアーコール。年数を重ねてきた分、もともとの塗装が取れてくすんでしまっています。でも、めずらしいスモーカーズチェア。しかも、高額。なので、出来る限りキレイに仕上げていきます。

まずは状態を確認します。

歴史を重ねてきた風合いを感じられますが、塗装がほぼ取れてしまっている状態で、アームの部分はツヤが全くありません。

1

まずは表面の古くなったワックスやニスを取り除きます。

まずは、ケンマロン(ホームセンターなどに売っているスポンジ状の研磨剤)で、椅子の表面についている 古くなったワックスやニスを削り落としていきます。

2

本当は、そのまま剥げた部分にだけ塗りたい気分なのですが、それだとムラが出来てキレイに仕上がりません。もともとのワックスとニスを全て剥離していきます。

塗装が全部きれいに剥離出来たら、ニスを塗ります。

やっともともとの塗装を剥離する事が出来ました。全部手作業だったので、かなり時間がかかります。さて、いよいよ塗装です。ハケを使ってシュラックスニスを塗っていきます。

3

キレイに仕上げるためには、このニスを薄く塗っていくのがポイントです。
ニスを塗ったことで少しずつ艶がでてきました。

最後の仕上げ。クリアワックスを塗りこみます。

ニスが乾いたら、いよいよ仕上げ作業。アンティーク用のクリアワックスを塗りこんでいきます。

4

いらない布にワックスをたっぷり含ませて、キレイに仕上げていきます。

完成です!

本来の艶が出てキレイに仕上がりました。もともとの状態と比べると、驚くほどツヤが出て、キレイになりました。

5

こんな風に、40~50年前に作られたヴィンテージの家具たちが、ボクが少し手を加えてあげることで、こんなにもキレイによみがえっていくのは、なんだか感動です。

ここまで自分で修理するのは難しいですが、ワックスを塗るのはカンタンなので、ご家庭でお手入れしてあげてください。自分で手入れをしていると、さらに愛着もわいてきますよ。
キレイになったアーコールチェア。ぜひ楽しみながら使って下さいね。
あっ!なにかあれば、またいつでもボクがお直しします!

今回修復したアーコールチェアはコチラからご覧ください。