実はアンティーク家具の割れたガラスも修理できます。

ステンドグラスがキレイなライティングビューロー。でも長旅で日本にやって来てガラスを見てみると・・・!!!割れている!という事があります。日本まで無事にやって来たのに、お客様のお家にお届けする時の配送で割れちゃうという事も・・・
でも、そんな時でも安心してください。実は直せちゃうんです!

イギリスから入荷した家具のガラスにヒビが!

イギリスからのコンテナ便で入荷してきたアンティークのライティングビューロー。扉にはとってもキレイなステンドグラスがはめ込まれていて、眺めているだけでうっとりしちゃう雰囲気なのですが・・・!!!!

1

ガラス面をよく見てみたら、割れている~

矢印のクリアガラスの部分がよーく見るとスーッと直線が入ってるのが分かりますか?キレイにパックリ割れていました・・・
2 でも、大丈夫!このガラスでこの位置であれば、直す事が出来ます!
まずは、扉を外して、木枠からガラス部分だけを外します。今回割れているのは、ガラス部分でも端のパーツだったので、この位置であればガラスだけをケイムから外し、新たに新しいガラスをはめ込む事が可能です。
ステンドグラスの場合も同様で、もし、割れたとしてもケイムといってガラスの周りを縁取っている部分を外して入れることが出来れば、直す事が出来ます。

クリアガラスの部分が割れている際には、新しいクリアガラスと取り替え、色や型が付いているガラスの部分が割れた際は、アンティークのステンドグラスで使われていたガラスでよく似たものを探してきてお直しします。

なので、もし、バキバキに割れてしまったとしても絶対に捨てる事は出来ません。その中から使えるパーツだけをとっておいて、こういうことがあった時、使えるようストックしてあります。

キレイにお直し出来ました!

専門の職人さんに修理の依頼をし、新しいクリアガラスに入れ替えてキレイに直せました!

3

今回は、割れていた場所もよかったので、キレイに直す事が出来ましたが、ど真ん中が割れている場合や、ケイムが外せない場合は、お直し出来ない場合も。
でも、もし割れたとしても、アンティークのステンドグラスの場合は直せる事があるので、その時はご連絡下さい!
今回修復したような美しいガラスが入ったアンティークのビューローブックケースはコチラからご覧いただけます。