アンティークのガラスキャビネット


ガラスキャビネット-TOP
アンティーク家具を初めて購入する方に、私が一番おススメするアイテムは、間違いなく「ガラスのキャビネット」です。
だって、ガラスのキャビネットって普段の生活には全く必要のない家具なんです(笑)

特に家具=収納と考えている日本のインテリアでは、ガラスで囲われていて中が見える収納なんて必要がないもの(笑)
だから日本ではあまり見かけない家具なのですが、逆にインテリアを楽しむ欧米では、ガラスのキャビネットのように見せる収納がお家のあちこちにあって、アンティークらしさがギュッと詰まっている家具だなって思うんです。

そもそも、ガラスのキャビネットとは大切なコレクションを飾るためのケースとして作られた家具。
同じガラスのキャビネットでも、使い方によって呼び名が変わるのがアンティーク家具なので、いろんな呼び方があります。

例えば、大きめのサイズで、コレクションを飾るための家具は、ディスプレイキャビネットと呼ばれています。
コレクションを飾るためのものなので、高級材を使って作られている家具が多く、背板以外の3方向はガラス。
中に飾るものがキレイに見えるように棚板には生地クロスやガラスが使われています。

他にも、ちょっと小ぶりで使いやすいサイズのもので、ガラス部分にゴールドやシルバーなどで絵が描かれているものは、カップ&ソーサーやポットなどの陶磁器(チャイナ)を、美しく見せながら収納するために作られた家具。
なので、名前も陶磁器のBone China(ボーンチャイナ)を収納する家具と言う意味からチャイナキャビネットと呼ばれているものだったり、本を収納するブックケースやシャツを入れるシャツケースだったり・・・

まだまだいろんな使い方に合わせて呼び方がありますが、どれもガラス面が大きく、中に入れたものが映えて見えるのが特長。
日本のインテリアだと、どうしても収納隠して中が見えないようにしてしまいがちですが、よく考えてみると、自分の趣味のものってあると思うんです。
それを隠すのではなく、見せながら収納して楽しむと、お部屋の雰囲気も素敵になります。

「中に入れるコレクションなんて持っていないから」なんて難しく考えないで、自分の好きなものを何でも自由に入れてみて下さい。(ちなみに、わが家は写真や子どものフィギアがほとんど(笑)
入れるだけで、素敵に魅せてしまう・・・そんなガラスのキャビネットです。
>> ガラスキャビネットの商品一覧を見に行く
シノワズリー

定番デザインのディスプレイキャビネット

たくさんあるアンティークキャビネットのデザインの中で、一番の定番は、大聖堂のゴシック様式
ガラスキャビネット-2s

積み重ねる本棚、スタッキングブックケース

個人的に大好きな私の中での憧れアンティークは、もともとおシャレな事務機器だったんです。
ガラスキャビネット-3s

シノワズリーデザインのキャビネット

西洋の人が憧れる東洋のデザインが、シノワズリーのキャビネットです。
ガラスキャビネット-4s

いつも人気のハーフムーン型チャイナキャビネット

アンティークの中でも、特に使いやすいハーフムーン型のキャビネットです。
ガラスキャビネット-8s

スリムなサイズの「チャイナキャビネット」のおはなし

日本では必要がないんだけれど、英国では必要不可欠なアンティーク家具です。
ガラスキャビネット-5s

優雅な美しさ、フレンチスタイルのキャビネット

「優雅」と言う言葉が一番似合う、フランス生まれのガラスのキャビネット
ガラスキャビネット-6s

アンティークらしい色使い、ペイントのガラスキャビネット

アンティークだけが出せる独特の色のキャビネットは、置いた瞬間、パリのアパルトマンです。
ガラスキャビネット-7s

シンプルでカッコいい、北欧スタイルのガラスキャビネット

それまでのアンティーク家具のデザインの概念を180度変化させた、超おシャレなヴィンテージの家具