ジャムジャーとは


ジャムジャーについて

1890~1910年 イギリス。

アンティークのジャムジャー(ジャムポット)が届きました。
たくさん見つかったのでまとめて全部買ってきたのですが、人気のアイテムなのでまたすぐにお嫁に行ってしまうんだろうな…

もともとジャムがこの中に入って販売されていたなんて、とってもオシャレ。

蓋がないのは当たり前で、当時はジャムの上にワックスペーパーをのせて、さらにその上から厚紙のカバーを紐や針金で留めて販売されていたそうです。
なので、口の部分は紐をかけるためのくびれが必ずあるんです。

実はこのビンのほとんどは土の中から掘り起こされたもの。昔、土の中に埋めて処理されていたものが最近になって掘り起こされているんです。
APPLE、APPLE&BLAMBLE、APPLE&PLUM、APPLE&STRAWBERRYなどなど…種類もいろいろ。
このステッカーはデッドストックのもので後から貼られているからキレイなんです。
いろんなサイズや形があるのでコレクションが楽しいアイテムのアンティークです。


jamjya1-160214

▲いつも使っているパソコンデスクに並べてみましょう。
デスクの上も整理できて、さらにおしゃれに魅せてくれる一石二鳥のアイテムです。

jamjya2-160214

▲フォークやスプーン、おはしを入れておく「カトラリー入れ」
可愛いフォルムならこのまま食卓にポンっと出すだけで、カフェ気分の食事が味わえます。


眺めるだけでも楽しめるアンティークジャムジャー