チェストとは

いちばん使うアイテムこそ「誰より素敵」って言われたい

収納家具の中でも「チェスト」は必須アイテム。リビング、キッチン、寝室など、いろんなお部屋のいろんなものの収納場所として探している方も多いと思います。
でも、お部屋をおしゃれにしたいと思った時、満足出来るデザインのチェストをあなたはもう手に入れていますか?

チェストはただ単純に収納するためだけの家具ではありません。
実用的に使えてお部屋もオシャレにしてくれる「見映えチェスト」の選び方をここで見つけてもらえたら・・・と思っています。


そもそも「チェスト」とは?

チェストとは引き出し付きの収納家具のこと。日本で「タンス」と呼ばれる家具のことを言います。タンスと聞くと引き出しの中に衣類などを収納するイメージが強いと思うのですが、チェストとにはいろんなものがあり、いろんな使われ方をしています。

例えば、洋服やタオルなどの衣類を収納するのはもちろん、リビングでは救急箱や文具用品、ティッシュやハンカチなど雑多なものを入れたり、ダイニングでは食器、キッチンでゴミ袋や日用品・・・実に便利に使える引き出しの収納全部がチェストです。

そんなチェストですが、最近はプラスチック製で作られた簡単なチェストを使う方も多くなっています。

安価で気軽に購入出来て、シンプルな形だから使いやすいと言うのも、もちろん理由の一つですが、ただ単に日本にはおしゃれなデザインのチェストがない!と言うのが根底にある大きな理由のようです。

素敵なデザインのチェストがないから、プラスチック製のものに収納して、クローゼットなどの見えない場所に隠しちゃおうという人が増えているように思えます。


日本文化と西洋文化の違いが「おしゃれ度」の差

もともと日本のチェスト文化を考えると、伝統的な「桐箪笥」が上げられます。着物を収納するための家具なので、サイズはもちろん大きめ。着物の幅や丈に合わせて、大体1mくらいのサイズのものが日本のチェストの代表です。

そんな桐ダンスを使っていた和室。日本人の私には当たり前なんだけれど、実は1つのお部屋を何通りもの使い方をするって、かなりめずらしいんです。

昔の日本のお家は、和室にちゃぶ台を出してダイニングとして使い、座布団を置いてリビングに。さらにお布団を敷いて寝室と言う感じで、家具を置かず同じ部屋を違う用途で使ってきたので、引き出し収納のチェストは着物を入れる大きめのサイズだけで十分だったんです。

ところが、日本も西洋のようにリビングルーム、ダイニングルーム、ベッドルームと言う感じで、用途に合わせたお部屋を作るようになったので、いろんな場所で使う収納、チェストが必要になりました。でも、もともと日本では桐箪笥以外のチェストの文化がなかったので、チェストの数もデザインもとても少なく、おしゃれなものがないんです。

桐箪笥は日本の風土に合わせてしっかり作られていて、とても高級。でも、それ桐ダンス以外に品質もデザインも素敵なチェストが日本にはあまりないから、「見せずに隠す収納にしちゃおう」とプラスチックのチェスとを使うのは和室に暮らしてきた日本らしいインテリアの発想なんです。


チェストの使い方にも西洋文化を取り入れてみましょう

もともと「リビングルーム」「ダイニングルーム」「プライベートルーム」と言う感じで、居住空間を作ってきた西洋では、いろんな場所でいろんな用途で、いろんなサイズでチェストを使ってきました。

だからこそ、西洋の家具には、実用的に収納としてはもちろん、昔から使われてきている美しいデザインのものがたくさんあり、大小、様々なサイズのものがあります。

日本人の私たちには思いつかなかった使い方で使ったり、今まで使うことがなかった用途で使ったり、いろんな場所で使えるようにいろんなサイズのものがあったり・・・

それこそ、置いておくだけで見映えする美しい収納が本来あるべきチェストの姿です。もちろんプラスチックと違って品質もデザインもよく、隠すことなく、すぐに手が届く便利な場所に置いて使えます。
だから、どうせ収納が必要だったら、素敵なものを選んで収納力だけじゃなくお部屋の中をおしゃれに演出してみませんか?素敵なチェストでお部屋の片付け&おシャレ度をパワーUPさせてみましょう!


そばにいてほしくなる、その訳は?

日本だと見せたくなくて隠しちゃうチェストが多いんだけれど、ステキなチェストがあれば、逆に目立つ場所でみんなに見てもらいたい!
おしゃれな雰囲気を作ってくれるチェストには、やっぱり選ばれるヒミツがあります。

細かいものも入る“引き出し”

なんだかんだ言って、引き出しの収納はとっても便利。衣類はもちろん、リビングなどに置かれた雑多なものもポイポイ収納出来ちゃう実力が人気のヒミツです。

自分に合ったサイズが見つかる

洋服をたっぷり収納できる大きなサイズから、ソファやベッドの脇にちょこっと置ける小さなものまで、いろんなサイズがたくさんあります。自分の用途に合わせたり、置く場所に合ったピッタリサイズが見つかります。


豊富なデザインと丈夫な素材

シンプルな直線デザインから、曲線美あふれるデザインまで、いちばん使えるチェストは、いちばんデザインも豊富。置いておくだけでお洒落なコーナーが出来上がります。


安心して日常使いできます

見過ごしそうですが、チェストの中で重要な引き出し。湿気が多い日本では桐を使った引き出しが人気ですが、柔らかい素材のため海外では使われることはありません。
質のいいものは横を見ると、西洋のものでも、引き出しが外れない蟻組み構造になっているものもあります。


サイズから選ぶ「チェスト」3STEP

サイズ選びは重要。なので、どこのお家にもある6畳間で3タイプのチェストを置いて大きさを比較してみました。どれも便利に使える大きさ。お部屋に置いた時をイメージしてチェストを選んでみましょう!

一番気軽に便利に使えるちょこんとサイズのサイドチェスト

日本の家具の中で一番、素敵なものが見つからないのがこのサイズ。幅が50cm以下のサイドチェストです。コンパクトだからどんな場所にも置けます。

機能性を重視すると量はあまり入らないんだけれど、ベッドやソファの横に置いたり、リビングの脇に置いたり、玄関で使ったりと、細々としたものをたっぷり収納出来るので、雑多なものが片付けられてお部屋もスッキリ!便利に使えます。
気軽に試してもらいたいサイドチェストです。


収納量も見た目も!両方選べるサイズのチェスト

リビングなどに置いて使うチェストは、お部屋に圧迫感を感じさせない低めのサイズがおススメ。幅が60~85㎝くらいで高さは腰高くらいの70㎝程度、引き出しが2~3杯あるタイプがおススメです。

リビングなどにある細々としたものからお洋服など大きなものまで、いろんなものを幅広く便利に収納出来ます。

背が高くないので、空いている壁に絵やミラーを掛けたり、天板の上にお花や写真立て、雑貨などを飾って使ってみましょう。


たっぷり収納した方のための、整理タンスと呼ばれるチェスト

一般的に日本で「チェスト」と呼ばれる、洋服などを収納するいわゆる整理ダンスのサイズは、幅が90~1m10cm、奥行きが45cmが標準サイズです。

日本では、着物を入れて収納するための家具だったので、着物を包む「たとう紙」がちょうど入るサイズになっています。
高さはいろいろですが、5~7段くらいで1m~1m20cmが多いです。

6畳間に入れるとこれくらいの大きさ。日本サイズだと、チェストの横に3枚扉のワードローブを置くと、6畳間の短い方、4畳半にぴったりのサイズになります。


いつもの生活にすんなりと溶け込む

新しい家具をお部屋に入れるとき、まず「自分のお部屋に似合うかな?」と思われがちですが、実用的にも使えておしゃれなお部屋作りの頼りになる相棒は、やっぱりチェストです。
お部屋をステキに魅せるだけじゃなく、実用的に収納が出来る便利さも兼ね備えている優等生アイテムは、どんな場所にも似合います

和室で

西洋生まれのデザインは意外と思えるかもしれませんが和室に置くと、ちょっと洒落た雰囲気を演出してくれます。
畳の上に置くだけで、逆にちょっとおシャレに見えちゃう効果もあるので、和×洋のコラボを楽しんでみましょう!


家電製品を置いて

無機質な素材で作られている家電製品を木材の家具に置く事で、ちょっと柔らかな空間作ってくれます。もともと家電を置いて使う用途じゃなくても、自由に自分流の使い方を楽しんでみましょう。


リビングで

家にいる時間の大半を過ごすリビング。だからこそ、便利に使えておシャレに見えるチェストは必須アイテムです。
ちょっとだけでも空いた場所に置いて、お部屋の中に収納と優雅さをプラスしてみませんか?


ダイニングで

食事の時間を楽しく過ごすダイニングルーム。食器を入れたりカトラリーを入れたり・・・いろんな使い方、いろんなデザインのチェスとを使って、まとまった空間を作ってみましょう。


見映えチェストを愛用している皆さんのお声

実際、どんな風にチェストって使われているんでしょう?みんなの自慢のチェストを実際にのぞいてみましょう!

とっても便利よ~ 埼玉県 新井さま

リビングに入ってすぐ目に飛び込んでくる背の高いチェスト。その中にお客様用のカップ&ソーサーを収納して使っている新井さま。
「たくさん収納出来てとっても便利~!」お友だちが来る度に楽しいお茶の時間を過ごされています。



背の低いチェストをテレビ台にして使っています 福井県 中村さま

ご新築の際、いろいろテレビボードを探されて、最後に見つけたのが背の低いアンティークのペイントチェスト。テレビを乗せるとちょうどいい高さに。
引き出しの中にはDVDをたくさん収納して使っています。



自分へのご褒美 スタッフ麦田

私がこのヴィンテージチェストを購入したきっかけは、働き始めて3年目という節目のときでした。自分へのご褒美として、いつまでも傍で応援してくれるようなそんなアイテムを探していました。
今は肌着や仕事着、ハンカチや旅行用ポーチなどを入れています。将来はテレビボードとして使えるように、少し幅の大きいものをセレクトしました♪



子供と使うアンティーク スタッフ中嶋

結婚前は自分の部屋で使っていたものを、今では息子と一緒に使っています。
「これはお母さんの大切なものだからね、大切に使ってね」とキチンの伝えると、子供ながらにも大切に使ってくれているような気がします。息子が気に入って使っている間はたっぷり使わせてあげて、もう少し大きくなったら返してもらおうかなと思います(笑)



着物を入れて、親子三代で愛用中です スタッフ橋田

これは、私の母が使っている整理箪笥です。上段は、母の普段着やスポーツウェアなどが入っていますが、下段の方は、私の着物と私の娘の着物が入っているんです。桐の引き出しだから着物も安心です!
娘がお嫁に行く頃、また新たな使い方になっているだろうな・・・と、そんなことを思いながら三世代で大切に使っています。


好みのチェストをまず1台

今のお部屋に必ず馴染んで、おシャレ度と片付け力が劇的アップ。ちょっと空いている場所にアンティークのチェストを置くだけでインテリア性がグッと上がります。

オールドパインのチェスト
アンティークの魅力たっぷり!オールドパインのチェスト

ぽってりとしたフォルムや、時を経て変化した木目の艶やあめ色。なんともあたたかくホッと出来る雰囲気が好きな方のためのオールドパインのチェスト。>> 詳しくはこちらから


英国デザインのチェスト
木目の美しさにうっとり、英国デザインのチェスト

アンティーク家具の中で、一番人気のアイテムなんじゃないかな?と思う、英アンティークらしいチェスト。ドッシリとした落ち着きある雰囲気が好きな方におススメです。>> 詳しくはこちらから


南仏デザインのチェスト
しなやか曲線が美しい、南フランスデザインのチェスト

魅力は曲線美。フランスらしい芸術性の高い美しさに加えて、どんな場所にも置ける小ぶりなサイズは、「置くだけで、何かには使える!」と、アンティーク初心者の方の不安な気持ちを払拭してくれるみたい。>> 詳しくはこちらから


北欧デザインのチェスト
カッコよく使いたい!北欧デザインのチェスト

直線だけの究極シンプルデザイン。だけど、その直線の中に見える微妙なRの違いを見ると、ヴィンテージの家具は計算されつくしたデザインだな…って感じちゃう。シンプルな中に優しい表情が浮かぶのも、こだわりつくしたデザインだからと言うのが分かる。>> 詳しくはこちらから


姫家具のチェスト
お姫様気分たっぷり!長い脚のチェスト

脚の長い家具は、いろいろ見てきたけれど、こんな風に真っ白で、しかも家具のほとんどが脚!と言う家具を見た時の衝撃と言ったら!(笑)美意識が高い国の家具だからこそ、出来上がった家具。美意識の高い方におススメです。>> 詳しくはこちらから



商品一覧を見てみよう