Kさま


お花のアレンジメント教室に、「みんなで囲んで使いたい」と思ったテーブルから始まったアンティーク生活-京都府Kさま

Kさまご紹介

お仕事の傍ら、空いている時間を利用してお家でお花のアレンジメント教室を開いているKさま。
レッスンに来られる生徒さんたちが、もっとゆったりと過ごせる空間で楽しく時間を過ごせたら・・・と思ったことがきっかけで、引越しされることになったそうです。


スコーンの写真

風合いのある空間で、たくさんの人をおもてなししたい・・・から始まった。

京都市内から少し外れた閑静な住宅街にあるおシャレなデザイナーズマンション。
可愛い色で塗られたペイントの壁におシャレな対面キッチン。一目見て気に入られたそうです。

お料理を作っておもてなしをするのが大好きなKさまは、食器や盛り付けにもこだわりが。
私たちがお伺いした時に出してくれたのは、白いお皿の上にフルーツをおシャレに盛り付けたスコーン。まるでカフェのような雰囲気です。

「レッスンや、遊びに来てくれた人をおもてなしする用に、風合いのあるパイン材のテーブルが欲しくてずっと探していたんです。そこで見つけたのが、このテーブルでした」

毎日、スマホの画面で穴が空くほどずーっと見ていました(笑)

「風合いのあるオールドパイン材の家具がいいなって、ずっとイメージを膨らませていたんです。しばらく入院していた期間があって、このテーブルを見つけてしまって表情がとても気に入ってしまって・・その間に、パソコンが見れなかったから、ずっとスマホの小さい画面を見ていたんです。」と可愛らしく笑うKさま。

京都弁の優しい喋り方で、一目見て気に入ってしまったアンティークのオールドパイン材のテーブルの話しをしてくれました。
「脚がストレートのものがいいなと思っていたのですが、なかなかなくて。引き出しも付いていたから、すごく気に入ってしまって、実際にお店に会いに行こう!って思ったんです。実際に見てみたら、やっぱりこの子だって思いました。」

Kさまの写真
テーブルアップの写真

合わせたのはチャーチチェア。色はあえて揃えずに・・・

京都から特急 サンダーバードに乗って1時間半。
歩いてお店に来られたKさまが気に入ってくれたのは、Handleがオープンした時からずっとお店で活躍してくれた思い出たっぷりのオールドパイン材のテーブルでした。

「一緒に合わせる椅子もお店で見ながら決めました。チャーチチェアの色を悩んだのですが、せっかくだったら全部お揃いじゃなくて、2脚2脚違う色であわせることにしました。」

Kさまとテーブルの写真

白いピッチャーが大好き。少しずつ集めたものを飾って楽しむ シンプルなキャビネットを選びました。


いすとキャビネットの写真

実は、アンティーク家具を使うのは今回が初めてのKさま。もともと古いものが好きで、アンティークの小物は少しずつ集めていたそうです。
その中でもいつも気になるのがピッチャー。「いろんなピッチャーを集めてここに飾りたいと思っています」とキッチンの前には北欧スタイルのガラスキャビネットを。

届いたばかりのキャビネットを開けて、早速、アンティークの白いピッチャーを中に入れて、「白い色が映えてステキ」と喜んでくれました。 天板の上には、実際に使おうと思って購入したばかりのアンティークのコーヒーミル。今頃、どんな風に使われているか楽しみです。

Kさまと社長の写真

Kさまと、Handle代表水野

寝室のパープル色の壁に似合う白いシャンデリアを。
天井に映し出される陰影が眠りまでの時間を癒してくれます。

シャンデリア

実用的に使う、アンティークのチェストとドレッサー

実は、テレビがないKさまのお家。
「読書したりPCで十分。テレビを見ている時間がないからテレビは置かずに自分だけの時間を楽しんでいます」

ゆっくり過ごしたい夜の時間、就寝まで落ち着いて過ごせるようにと寝室にはシャンデリアを。壁のパープルに映えるよう選んだのは白いシャンデリア。
傍らには白いドレッサーを置いて、自分の好きなものを季節に合わせて飾ります。

ドレッサーの写真
寝室の写真

実用的に使うようにベッドの横にはアンティークのチェストを。同じ寝室の中には、白いペイントのドレッサーを置いて、季節のディスプレイを楽しむ予定とのこと。

実はこの写真は、後日、Kさまが撮って送ってくれたものです。

「すべての始まりはこのオールドパインのテーブルでした。部屋作りはこのテーブルに合わせて考えていきました。選び抜いた家具たちは、お部屋にぴったりでイメージ通り!」とKさまから頂いたお手紙に書かれていて、とても嬉しかったです。